社員旅行に行かないとお金は戻る?休みはどうなる?クビはないよね?

Pocket

社員旅行の費用を給料から天引き積立している場合、
旅行に行かなかったらお金は戻るのでしょうか?

休みは有給休暇として欠勤にはならないのでしょうか?

まさか社員旅行に行かないからクビになるなんて、ないですよね?


社員旅行に行かないと積み立てたお金は戻る?

社員旅行のために自分のお金を積み立てたのだから
行かなければ自分に戻してくれると思うでしょう。

行きたくないという我儘は調和を乱すから返さない!

欠席者には半額だけ戻す。

社内の輪を乱すので、ペナルティーとして2ヶ月分を払ってもらう。

でも、こんな事を言ってくるかもしれません。

これは感情的な言葉であって、答えはケースバイケースです。
 
 
 
そもそも給料から積立金を天引きするというのは勝手にできないのです。

労働基準法第24条で親睦会費社員旅行費などを
天引きするという協定を結ぶことを求めています。

もし社員旅行費という項目があれば、旅行に行かなければ
返してもらうことは可能
です。

しかし親睦会費という項目で天引きをして、そのお金で
親睦を図る旅行を社員旅行という行っている場合は
親睦会の規定にどう書いてあるかを見なければなりません
 
 
 
ですから、まず(労働者の過半数を代表するものとの)
労使協定がなければ天引き自体が違法です。

そして24協定に社員旅行が入っていれば積み立てた全額が戻ってきます。

詳しくは、こちらに書いてあります。
https://www.hou-nattoku.com/consult/341.php
 
 
もちろん、ドタキャンなどの場合は、費用が使われますから、全額は無理です。
一部でも戻ってくれば御の字です。

戻ってくるより、会社負担の分を払えと言われるかもしれません。

社員旅行は休みは有給休暇を使うの?

社員旅行が業務か業務外かが大事なポイントです。

もし業務であったら、強制参加もとうぜんで不参加は欠勤になります。
ただし、届けを事前に出せば有給休暇にすることも可能です。
あるいは会社に出勤して、通常の仕事をすることもできます。
ただし会社が望んだ業務ができないわけですから、評価が下がると思います。

また休日の旅行に参加すれば他の日に代休をもらえますし
(実際に出るかどうかは疑問ですが)休日出勤手当ももらえます。
 
 
 
一方、社員旅行が業務外だったら、強制参加というのは違法です。

旅行に出れば、平日は「出勤扱い」になり、休日は特に何もありません。

旅行に不参加だったら、平日は通常の勤務をすることになり、休日は自分で好きに使うだけです。
 
 
 
ただし、上に書いたことは法律上の規定であって
現実はこれまでのしきたり
によっていたりします。

有給休暇が全部を取れるとは限らないのと同じです。

いくら法律的には正しくても、上司や同僚の顰蹙を
買っては会社で居心地がよくなります。

法律を言うのはほどほどにしておくのがオススメです。


社員旅行に行かないからクビだ!?

上司から、あるいは社長から

社員旅行に行かないならクビだ!!

と言われることもあります。

実際にクビになった人もいます。
 
 
 
ただし労働基準法に則っていれば、社員旅行に行かないからクビになることは認められません

おそらく、強制参加の社員旅行でも、実は業務と言える要件は満たしていないことが多いです。

本当に業務なら、個人の出費は0で、かつ休日なら代休も休日出勤手当ももらえるはずです。
 
 
 
しかし、現実は法律的には正しくなくても、それで会社が回っています

クビというのはいわゆる解雇ですが、実際にはそれはできないでしょう。
でも会社が社員旅行が強制参加がとおっているのなら
不参加というのは「村八分にされる」可能性があります。

「村八分にされる」ってほぼ「クビの宣告」です。

特に会社に入って数年間の若い時は長い物には巻かれるのをオススメします。
 
 
会社で仕事するのに上司・先輩・同僚の助けが必要です。
会社が和気藹々、みんな一緒、仲良しというのなら
それに従うのが一番よいと思います。

また、社員旅行は社会勉強でもあります。
面倒な事もありますが、知見をひろげるというのはいいことですよ

会社では見えない上司や同僚の思わぬ一面が発見でき
その後の会社での人間関係に大いに役立つものだと思います。

まとめ

社員旅行は行きたくないと言う社員が多いのだったら
そのうちに参加者が少なくなり、廃止することが多いです。

そうなれば、このサイトも不要になってよいと思います。

でも、まだまだ社員旅行を大事にしている会社も少なくはありません

そういう会社で働いている人のためにこの記事が役に立つことを願います。

Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です