便秘解消が1日10分のうつ伏せ体操で!効果は抜群です!

Pocket

便秘解消法はいろいろありますが、簡単で効果的なのがいいですね。

1日に10分が必要ですが、やることはすごーく簡単な体操です。

誰でもできる、気楽にできる、もちろんお金はいりません。
それで便秘が解消するのなら、こんなうまい話はないですね。

本当かなって思うかもしれないけど、1週間試してみればわかります。


★☆ 便秘解消についてのまとめでは掲載している記事を一覧できます。☆★

便秘解消を1日10分のうつ伏せ体操でするやり方

うつ伏せ体操は誰でもできる簡単で楽な便秘解消法です。

ではさっそくうつ伏せ体操のやり方を紹介します。

①やる時間は寝る前が多いですが、いつでも効果はあります。
ただし、お風呂に入った後や散歩の後など、お腹が温まっていると便も動きやすいのでより効果があります。

②お茶か水などをコップに1杯を飲んで水分を摂ります。

③たたみやフローリングなど、ある程度堅くてお腹を圧迫するような床の上にうつ伏せで10分間寝ます。
布団など軟らかい床だと腸への刺激が弱くなって効果が薄れます。
逆にお腹の下に枕などを入れて圧迫を強くすると、より効果があります。

④うつ伏せの状態のまま、左右に振り子のようにゴロゴロとします。
ゴロゴロはお腹はもちろんですが、腰や肩も使ってゆっくりと転がります。
ゴロゴロは5回以上がオススメです。

何故これだけで便秘解消法になるか不思議ですね。
 
 
うつ伏せというのはお腹を床につけますが、この時の圧迫がお腹の中の腸を刺激します。

刺激は大腸だけでなく形が入り組んでマッサージが届きにくい小腸にも刺激があります。新陳代謝が活性化され腸内環境も整ってきます。

そして蠕動運動も活発になりますから、便が肛門に向かって進みます。

便秘にうつ伏せ体操は効果がどれくらいある?

うつ伏せ体操をやったら、10分ぐらいで便通があったというえらく早い人いますが
一般的にはその日にはそれほど効果は出ません。

一番多いのは3日か4日たつと便意が来て、めでたく排便をするようになります。
 
 
 
1日目や2日目には、若干ですが便意が来たり、ガスが出たりする人が多いです。

また多くの方がうつ伏せ体操だけをするのではなく、
オリゴ糖やヨーグルトを摂ったり、お腹をマッサージしたりしました。

やはり、便秘にいいということは試してみたいのでしょうね。
 
 
ちなみに、うつ伏せ体操をやった全員が便秘解消ができたわけではありません。
やはりどんな便秘解消法も、人によって向き不向きがあるようです。

目安として1週間続けて効果がなければ不向きだったと思いましょう。
 
 
 
なお「1日10分、うつ伏せ寝ゴロゴロ」は、東邦大学医療センター大森病院、瓜田純久医師が考案し推奨している方法です。

瓜田医師の話などを私が理解したところで、うつ伏せがなぜいいかというとそれはお腹に溜まったガスを抜くことがポイントです。

ガスは悪玉の腸内細菌が発生しますが、そのガスがお腹に残っていると蠕動運動が悪くなります。

腸はお腹の中に複雑な形で入っていますから、発生したガスがところどころに滞留します。

そのガスをうつ伏せ体操は、お腹を圧迫してガスを動かし、しかもゴロゴロをしますから、ガスが迷路のような腸の中を出口である肛門の方へ行きます。

ガスがおならとして出れば、腸内環境がよくなって蠕動運動もスムーズにできるようになり、便秘も解消するわけです。

これが単に腸を刺激するのと違って、効果が大きいのです。


便秘解消法の体操は他にもいろいろありますよ!

便秘解消法の中で体操というのはお金がかからないし
わりと手軽にできる体操が多いです。

人によって向き不向きがありますから、気軽にそれぞれの体操を試してみて
効果があったら続けるようにすればいいと思います。

ちなみに、最低1週間続けてみて便秘解消の効果があるかを判断するようにしたほうがいいです。
 
 
 
この記事では体操をお知らせしますが、似たものとして
ヨガ、ストレッチ、ランニング、ウォーキング、腹筋運動
なども効果がありますから、トライするのもいいですね。
 
 
 

ガス抜き体操

便秘の原因が腸に溜まっているガスだと書きましたが
ガスがおならとして出てくればお腹が快調になります。

でも、どこでもおならをするわけにはいかないですから
どうしてもおならを我慢しますよね。
それが腸の蠕動運動を妨げることになります。

それなら家でおならを積極的に出しましょう

やり方は非常に簡単です。
 

① 仰向けに寝て、足を上げる。

② 足を適当にバタバタふる。

ガス抜き体操
これだけで、早ければ1分間でおならが出ます。
時間は5分もすればいいでしょう。

5分やってもおならが出なくても、毎日すれば1週間のうちには出ると思います。

腹筋運動

大便を出すのに大腸の蠕動運動が必要ですが、その他に腹筋も協力しています。

女性などは腹筋が弱いので、便がスムーズに出ににくなります。

腹筋のやり方はいろいろありますが、足を真っ直ぐ伸ばしてするのは腰を痛める可能性がありますから、膝を曲げておきます。

①仰向けに寝て、両手は肩につける。

②脚を90度に上げ、膝を90度曲げて床と水平にする。

③上体をゆっくりと上げ、頭を膝につける(近づける)

これは1日に1回か2回、1回に10回程度をします。
慣れてきたら、回数を増やしてもOKです。

うつ伏せでの足体操

うつ伏せ体操と一緒にやってもいいです。

①うつ伏せに寝る。

②膝を伸ばしたままで、左右の足を交互に上下にゆっくりとさせる。

③次に左右の足を交互に膝を曲げて、あしりにつける

うつ伏せでの足体操1うつ伏せでの足体操2
これだけですから簡単ですね。

②の体操の方がちょっときついですから10回、
③の体操は楽ですから20回をしましょう。

まとめ

紹介しましたのは、いずれも誰でもできる簡単な体操です。

しかし、簡単なわりにかなり効果がある便秘解消法です。

ただし、体操だけで便秘解消ができるとは限りませんから、それに加えて食事改善とかマッサージとかもすることをオススメします。

Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です