便秘解消法にストレッチの効果的な理由 即効性と成功率は?

Pocket

便秘は気分は悪くなるし、肌荒れとか肩こりとかいろいろと不快な症状が出ますね。

なんとか便秘解消をしたいと思うけど、薬を使うと効果はあるけどますます自分自身で便通をする能力がなくなってしまい不安です。

薬を使わない便秘解消法のうちでストレッチというのは気軽に試せるので嬉しいです。

効果があったストレッチを紹介します。


★☆ 便秘解消についてのまとめでは掲載している記事を一覧できます。☆★

便秘解消法の3つのストレッチを紹介!

ストレッチをするのは、ゆっくりとしたペースで
やさしく、気持ちがいいくらいの強度でしてください。

部活のような痛いのをがまんしてやる運動では
筋肉が悲鳴を上げ、毛細血管も傷つきます。

腸の調子を整える! お腹もスッキリ股関節ストレッチ

下半身の血行を良くして腸のガスを出しやすくする効果があるストレッチです。

自宅で寝てするのに最適なストレッチで1分間くらいの動画で説明されていますから
時間が無い方は特にオススメします。

便秘を解消するストレッチ!

整体院が紹介している3種類のストレッチです。

仰向けに寝てするストレッチ
うつ伏せで腹筋をストレッチ
立って体側をストレッチ

2分ぐらいで簡単に見れます。

便秘改善ストレッチ

筋トレTVの12分間と長い動画ですが、3つのストレッチが紹介されています。

筋トレTVというのは、筋トレ以外にも運動前後のストレッチや腰痛改善のYoutubeもたくさんあります。

便秘解消にストレッチが効果的な理由とは?

便秘というのは本来は腸が蠕動(ぜんどう)という運動をして
便を肛門の方へと運ぶのですが、その蠕動運動が弱っているため
大便が出なくなっているわけです。
 
 
蠕動運動というのは自律運動ですから自律神経の働きで行います。

具体的には水や食べ物が入る、あるいは運動などで内臓に刺激を与える
ことで自律神経が蠕動運動を始めるようになっています。
 
 
ですから便秘を解消するには、自律神経のバランスを整えるか
飲食物で刺激を与えるか、外から運動などで刺激を与える
ことによって蠕動運動を始めることが必要になります。
 
 
 
便秘が解消しない人は腸の運動がかなり鈍くなっています。

そこでストレッチをすると、自律神経の働きが正常化するととも
腸に刺激を与えることで便通をもよおすのです。


ストレッチの便秘解消の即効性と成功率

ストレッチで便秘解消をしたという人もいますが
刺激された腸が蠕動運動を始めて便を出してくれたという
即効性というのではあまり話を聞きません。

どちらかと言うと、ストレッチを始めてから腸が動いている感じがするが
便通があったのは夜になってからとか翌日にあったという方が多いです。
 
 
翌日までに便通があったのはかなりの多くの方が話していますから
成功率は50%以上で、70%くらいかなと思います。

ただ、多くの方がストレッチだけで便秘解消をしたわけではなく
水を多く飲むようにしたとか散歩を1時間したとか
他の便秘対策も併用しています。
 
 
ですからストレッチの成功率というのはわかりませんが
それでも、かなりの方が便秘解消の喜びを得ました。

まとめ

ストレッチは誰でも気軽にできるのが魅力ですね。

ストレッチをすることで便秘で悩む腸を刺激して便通を起こし
そのうえ血行が良くなり自律神経のバランスを安定したり
ストレスを解消するので美容にも効果がありいいことはたくさんあります。

ただストレッチだけで解消する便秘はそれほど多くはありません

やはり食生活を改善したり、ストレッチ以外にも軽い運動をしたりすることが
便秘を改善するのにはオススメします。

Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です