お中元の時期は関西と関東で違うけど? 贈るマナーと相場は?

Pocket

お中元をしっかり贈らないと恥をかきます。

でもお中元の時期って日本で一律に決まっているわけではないそうです。

関西出身の人は8月だといい、東京の人は7月だといいます。
北海道の人は7月と8月と両方共あるようです。

このお中元の時期の違いをどうすればよいのでしょうか?


お中元の時期は関西と関東で違うけどどうしよう

お中元の時期は関西と関東で違うことは知られています。
関西は8月初旬~15日くらいですが
関東は1ヶ月早くて7月の初旬~15日くらいです。
 
 
でも、関西や関東だけに贈る相手がいれば話は簡単のようですが

両方に送り先がいたら、2回にわけてお中元を贈るの?
関西と関東以外に住んでいたら、どちらにすればいいの?
埼玉県は関東だけど8月だと言う人が多い

と、いろいろ悩みが出てきます。

そもそも関西の人が関東に住んでいることもあります。

だから単に関西が8月で関東が7月とは言えないわけです。
 
 
 
じゃあ、どうしたらお中元の時期を決められるでしょうか?
 
 
 
まず、同じ地域に相手が住んでいるのだったら
近所の人に聞いてみるのもいいですが

簡単なのはデパートなどでお中元商戦が始まったら
その地域でもお中元の時期が来たと思えばいいのです。
 
 
 
結婚して初めてのお中元を義実家へ贈ろうとすると
義母に気楽にいつがいいかを聞ければいいですが
微妙な関係ですから、難しいですね。

そもそもお中元は嫁から義母に贈るのではなくて
嫁の実家から義実家へ贈るのが筋
です。

ですから、嫁のあなたが悩むのではなく両親に任せましょう。
 
 
とはいえ、嫁からも贈りたいというケースもあるでしょう。

その場合は、義母の家の近所のスーパーなどに
電話でお中元の時期がいつかを聞けばよいと思います。
 
 
 
お中元を日本のあちこちに贈るという場合は
いちいちそれぞれの場所に電話をして確認をする
というのは煩わしいですね。

できれば一度に全部を送ってしまいたいですね。

それには3つ方法があります。

① 7月初旬に送ってしまう

相手より先に贈りたいと思っている場合に使えます。

関西の方も関東では7月からお中元だとはたいてい知ってます。
加えて、最近はどんどんお中元商戦が全国的に早くなっています。

何より、早い分には文句を言われることが少ないです。

ただし、店によっては6月に注文をすると配達も6月中に
してしまうこともありますから、注文は7月になってからにしましょう。

② 7月下旬に送る

名目をお中元でなく暑中見舞いにすれば全国一律です。

関西の人には先に贈り、関東の人から先に頂くとなります。

③ 8月15日から下旬に送る

相手が贈ってから自分が贈るという設定にします。

そして名目は残暑見舞いになります。

 
 
この頃の風潮は、いつお中元を贈るかがさほど重要ではなく
7月初旬から8月下旬の間であればよく
とにかく贈ることが大切になっています。

ですからあまり時期に神経質にならない方がいいです。

お中元って贈るにもマナーがあります!

お中元を頂いた時の最低限のマナーは
その日のうちに電話でお礼を言うことです。

そして礼状を送ればさらに丁寧になります。
 
 
 
では贈る場合のマナーとはどうなるでしょうか?

まず表書きを、時期に応じてお中元、暑中御見舞、残暑御見舞を使います。
言葉は、目上に対しては「暑中御伺」や「残暑御伺」に変えます。

また1度だけお中元を贈る場合は、「お礼」として区別しましょう。
 
 
 
相手から先にお中元を頂いた場合は
電話や礼状はその日にするようにしますが

こちらから(お返しに)お中元を贈る場合は
即贈るというのは、形式的な感じや待ってましたと思われますので
1週間程度してから贈る方が、じっくり選んだという
印象があって望ましいです。
 
 
 
ちなみに、贈るのを品物だけでなく、送り状を添えるのがマナーと言われます
厳密にいうと郵便法では荷物に合わせて郵便(親書)を送るのは
禁止されています。

とはいえ、「ありがとうございました。」とか簡単な言葉を添えるのまでは
法律違反が問題になることはありません。
 
 
本格的な送り状を送りたい場合は、葉書などで別に前もって送るようにしましょう。
 
 
 
なお、お中元を贈ったことについて礼状を頂いた場合
それに対してまた礼状を送るというのはやりすぎです。

際限なく続く礼状を受け取ると相手も当惑します。
 
 
 
もしお中元とお歳暮と2回の贈り物を1回にしたい場合は
お歳暮を残して、お中元をやめるようにしましょう。


お中元の贈り物の金額は相場はいくら?

贈り物は相手に喜ばれる物と思っても、
この頃は趣味嗜好も多様化して難しいですね。
 
 
 
まず予算ですが、お中元の金額の相場

上司などには5000円以上

両親には4000円~6000円

友人・知人は3000円~5000円

隣近所は2000円~3000円

になっています。
 
 
 
もらいたい商品で1位はなんと「商品券」です。
気持ちはわかるが、世知辛い世の中を感じますね。

後はビール、コーヒー、ハム・ソーセージなど飲食物がズラーっと続きます。

他には洗剤がけっこう人気があります。

まとめ

お中元の時期って知らない地域に贈る場合は迷いますね。

せっかく贈るのですから、喜ばれて欲しいですね。

それにはマナーも大事ですが、何より相手に対する
感謝の気持ちを持ってお中元をするのが大切です。

Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です