お中元にお返しは必要?それともしない? 相場はいくら?

Pocket

お中元を贈る季節になりますと頂くこともありますね。

お中元をくれた相手が、義両親、親戚、友達、後輩などいろいろいますが

どの場合でもお返しは必要なのでしょうか?

またお返しをするのなら、その金額の相場っていくらぐらいなのでしょうか?

お中元について、必要な知識をしっておきましょう。


お中元にはお返しはマナーとして必要です!

お中元はもらってもお返しは不要であるとマナーで学んだ!」
とおっしゃる方がいますが、考えてください。

お中元を送ったけれど、頂いただけで何もしなければ
届いたのかどうかもわからないと送った人も心配します。

ですから最低限の「お返し」とは、電話をしたり礼状を送ったりして
相手にお中元が届いたことを知らせる
のです。

これは、どのマナーでも必要だというはずです。
 
 
 
もし今後はお中元を送って欲しくないのだったら、お礼状に
次のような一文を添えておきましょう。

このたびはお心のこもったお品を頂き、誠にありがとうございました。
しかし今後はこのような気遣いは絶対になさいませんようにお願い申し上げます。

「絶対に」をつけると非常に強い文になりますが、
こう書かないとお中元やお歳暮を止めない人もいます。
 
 
 
マナーとしてのお返しはするとしても、
それ以外のお返しはお中元には不要と聞きますが

実際は多くの日本人は「頂き物があれば、お返しの物を贈る」のが
習慣としてありますから気持ちが落ち着かないと思います。

また「お中元はお返しは不要」というマナーが常識とは限りません。
地域によって、あるいは家庭によって違うこともあります。

「お中元を贈っても、礼状だけで何も贈ってこない」と
非常識だとか吝嗇だとか失礼な奴だと非難する人もいます。
 
 
 
ですから、あまりマナーにこだわらず
あなたの素直な気持ちに従ってお返しの物を贈っても問題はありません

というか、通常はお中元をもらったらお返しの物を贈るのがよいです。
 
 
 
ちなみに、「お返しを贈る時期は?」と考えて1ヶ月も待つ人もいますが
日を空けずすぐに送りましょう。

お中元にお返しをしないでいい場合は?

でも、お中元をもらってもお返しをしないでもいい場合もあります。

もちろん、お礼の電話や礼状を送るという最低限のお返しはしておくべきですが
物を贈るのはしなくても問題はないこともあります。
 
 
 
元々お中元というのは「お世話になった感謝」を表すものですから
お返しの物は必要ないとマナーになるのですが
自分が上司など目上な立場だったり、取引先だったりすれば
お中元の元の意味のとおりに贈られるわけです。

したがった、そういう立場でしたら、物を送り返す必要はありません。

実際に私の近所の方は玄関にお中元やお歳暮が山と積まれています。
それでありがたるどころが、かえって迷惑だそうです。

それでも、奥さんが届くと電話でお礼を言ってますが
とっても物を送るとなったら、すごい手間だとわかります。
 
 
 
自分の両親からお中元が来たら、お返しをしますか?

これはざっくばらんに親に尋ねられれば一番いいです。

親が裕福で、子供がかつかつな生活だったら
親としては子供が少しでも楽になるようにと思って
お中元やお歳暮も贈ってくれるかもしれません。

その場合、子供がお返しを贈るとかえって子供の出費になるので
親は嬉しくない
かもしれません。

ですから、物ではなく、言葉や思いやりのお返しをするべきですね。
 
 
 
また最近の借家に住んでいると、大家さんからお中元が来ることがあります。

店子が大家にお中元を贈るのならわかると思いますが
実は少子化などで大家も経営が苦しくなっています。

それでお中元やお歳暮を贈ることで店子に好感を持ってもらって
長く部屋を借りて欲しいと思っているのです。

ですから、電話などでお礼を言うだけで十分です。
 
 
 
お返しをすることは5000円とか1万円がかかります。
それが経済的に苦しいこともあります。

また精神的にあるいは肉体的に負担になるかもしれません。

その場合はお中元を止めてもらった方がいいと思います。
それでも相手がお中元を贈り続けるのだったら、
お返しはしないことも必要になります。


お中元のお返しの金額の相場はいくら?

お中元のお返しの金額の相場は、頂いた物と同金額と言われます

同等の立場の場合、例えば兄弟姉妹の間でのお中元などはそれでいいでしょう。

しかし、経済的な背景もさまざまですから、私からの提案は
お返しの金額は、頂いた物の半額から同金額の範囲をオススメします。
 
 
 
無理に同金額にこだわると負担になります。

かといって1万円のお中元に2000円のお返しでは
さすがにみすぼらしく見えます。

だからそれほど差がない半額が最低の金額といってます。
 
 
 
ちなみに、最高はあくまで同金額です。

仮にお金を数十倍持っているとしても
頂いた物より倍も3倍も値段がする物をお返しとすると

  「あなたのお中元は迷惑です」

という意味になってしまいます。
 
 
 
また反対に、もし経済的にお返しをするのが無理だったら
借金をしてまで相場のお返しをすることはありません。

もし物を贈りたいのなら、手作りの物とか金額にこだわらない物にしましょう。

それよりも電話や礼状で、感謝の言葉をしっかり伝えることをしましょう。

そして経済的に許されるようになったら、同金額のお返しをしましょう。

まとめ

お中元は家族や親戚の間でもする家庭は多くいます。

皆さんが贈ることと頂くことを楽しみにしていると
お中元っていい習慣だなって思います。
 
 
 
でも、義理で贈るお中元を面倒でお金がかかるとこぼす人もいます。

そういう場合は、お中元を贈らない、お返しもしないというのも
より楽しい人生を送るために必要だと思います。

お中元にお返しを、活かしてみましょう。

Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です