お中元の時期を遅れたら贈れる?表書きと挨拶はどうする?

Pocket

お中元を贈る季節が来ましたが

「あっいけない。送るのを忘れていた!」

と慌ててしまったことはありませんか?
 
 
でも実は贈る時期とは日本中で同じではないのです。

お中元を贈る際の正しい知識をまとめてみました。


お中元は贈る時期を遅れたらどうしよう?

もう7月も終わる頃にお中元を思い出して
送らなければいけないのに時期を逃したと思う人もいると思います。

でも、お中元を贈る時期というのは7月上旬から7月15日まで
というのは主に東京や関東でも話です。
 
 
それ以外の地域では、いつ頃がお中元の時期なのでしょうか?

関東と同じ7月15日までと早いのは東北です。

それ以外は、北の北海道から西の中国・四国までは
7月15日は終わりではなくお中元の時期の始まりです。
そして終わりは8月15日が多いです。

さらに遅くなるのが九州で、7月には始まらないで
8月初旬に始まって8月15日に終わります。
 
 
ですから東京にいる人が大阪にいる人にお中元を贈るのなら
7月15日は早い方で、8月になっても問題はありません

とはいえ、東京が一番早いですからだんだんと
全国的にそれに合わせる傾向があります。

つまり、早めに贈るのが無難です。
 
 
 
またお中元というのは、本来の意味は「感謝の気持ち」を表すために
するものですから、時期が遅れてもそれほど気にしなくてもよいのです。

お中元を遅れて送る場合は表書きも変える

お中元を贈る時期は地域によりさまざまですし
そもそも本来の趣旨から遅れてもかまわないと書きましたが

お中元の表書きは、その時期に合わせて変えます。
 
 
お盆を過ぎると暑中見舞いになり、立秋を過ぎると残暑見舞いになります。

ですから、親しい間柄な人になら「暑中御見舞」や「残暑御見舞」に
目上の人に贈るなら「暑中御伺」や「残暑御伺」を書きます。
 
 
 
また喪中の場合は年賀状のように贈らないということはありません。

年賀状は目出度いことで送りますから喪中は避けますが
中元や歳暮は“時候の挨拶”ですから喪中とは関係ありません

ただし紅白の水引ではなく、白無地の掛け紙に短冊を使います。

また49日も明けてないような場合には、
忌明け後(四十九日以降)に贈るようにしましょう。


お中元は贈るだけでなく挨拶もしましょう!

お中元を贈る相手と親しい間柄である場合は
電話で挨拶をすれば問題はないでしょう。
 
 
でもお世話になっている方などにお中元を贈る場合は
一緒に挨拶状を送るのが礼儀とされています。

挨拶状に書くのは

① 拝啓
② 時候の挨拶
③ 日頃のお礼
④ 送った品物とその理由
⑤ ご指導ご鞭撻を願う
⑥ 健康に留意
⑦ 敬具

がおよその内容になります。
 
 
 
「送った品物」は具体的に書いてもいいし、
気持ちばかりの品物としてもいいです。

「送った理由」も「暑中お見舞いのしるし」で問題はありません。

まとめ

お中元を贈り忘れたからといって
すごーく困るものではないことが理解できて安心ですね。

でも、日本全体は7月15日をお中元の終わりに向かって
変わっていると思いますから
6月の終わりごろには準備しておくのが正解だと思います。

支度は早くした方がいいというのはよく聞きますね。

Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です