日焼け止めの紫外線吸収剤と紫外線散乱剤は?メリットとデメリットは?

Pocket

5月くらいから紫外線が強くなってきますから紫外線対策と日焼け止めを使いますね。

日焼け止めには成分として紫外線吸収剤と紫外線散乱剤があるのだけと、この2つはどう違うのだろうか?

紫外線吸収剤と紫外線散乱剤のそれぞれのメリットとデメリットを教えてほしいです!

そこで、2つの紫外線対策の成分についてまとめてみました。


日焼け止めの紫外線吸収剤と紫外線散乱剤はどう違う?

日焼け止めの紫外線吸収剤と紫外線散乱剤はどちらも
紫外線が肌に通らないようにカットするのですが
名前のとおり紫外線を吸収してカットするのと散乱してカットするのです。
紫外線対策
引用元:kao.com

どちらでも紫外線をカットすることは同じです。
 
 
 
紫外線吸収剤は吸収した紫外線は吸収剤を
化学変化をさせて、熱を出しことで防ぎます。

紫外線吸収剤は合成された有機化合物が多く
紫外線を吸収して分子構造を一時的に変換したり
あるいは赤外線や熱に変えてエネルギーを消費します。

紫外線がなくなれば分子構造が元に戻りますが
ずっと紫外線を浴びていると
分子構造が戻らなくやがて壊れてしまいます

このため長い間紫外線吸収剤として働けなくなるのです。
 
 
 
紫外線散乱剤は酸化チタンや酸化亜鉛を含んでいて
それが紫外線を乱反射します。

紫外線吸収剤とは違って化学変化は起こりませんので
紫外線を浴びても壊れることはほとんどないです。

ですから、紫外線散乱剤自身の働きは長持ちします

紫外線吸収剤のメリットとデメリットは?

紫外線吸収剤のメリット

日焼け止めに紫外線吸収剤を配合した場合

強力な紫外線カットをする

透明で白浮きがしない

塗り心地がサラサラしていて伸びもいい

汗に強くて塗り直しをしなくてよい

があげられます。

紫外線吸収剤のデメリット

紫外線吸収剤のデメリットは

紫外線で壊れてしまうので定期的に塗り直しが必要

これは、紫外線散乱剤は汗で流れるために塗り直しが必要なのと
結果は似ていますが、原因は異なっています。
 
 
 
最大のデメリットは肌に優しくないから肌荒れをもたらすことが多いです。

紫外線を吸収して化学反応を起こしますが、
化学反応自身と反応でできた物質、そして発生する熱が
肌には刺激になります。

紫外線の刺激に較べれば小さいのですが、肌が敏感な方は肌荒れを起こします。
 
 
最近の成果として紫外線吸収剤をマイクロカプセルに入れて
直接肌に触れないので刺激を極小化している日焼け止めもあります


紫外線散乱剤のメリットとデメリットは?

紫外線散乱剤のメリット

紫外線散乱剤の成分は酸化チタンなど自然に存在する無機物ですから
肌にはほとんど刺激になりません。

ですから肌荒れを引き起こすことがほとんどないのがメリットです。
 
 
 
また紫外線散乱剤は紫外線を反射するだけのメカニズムで働きますから
紫外線吸収剤のように紫外線で化学反応を起こし、やがて壊れる
ということはなく、長い時間でも安定した働きをします

紫外線散乱剤のデメリット

紫外線散乱剤のデメリットは

紫外線カットをする能力が弱い

白浮きする

塗るとベタベタして伸びも悪い

汗で流れ落ちてしい塗り直しが必要

があります。
 
 
 
ただし最近の進歩はかなりデメリットを克服しています。

ナノ粒子にして、白浮きをしにくなっている製品もあります。

また紫外線散乱剤を油でなく水に安定的に分散させることで
べたつかず、伸びがよくて気持ちいい塗り心地を実現しているのもあります。

紫外線吸収剤フリーのオススメ日焼け止め

紫外線吸収剤はいろいろと工夫をされて使いやすくなっていますが
それでもやはりできれば紫外線吸収剤不使用を好みますね。

かといってSPF50とPA++++は欲しいと思うこともありますね。
 
 
 
紫外線吸収剤フリーでは無理だと言われていたそれを
紫外線散乱剤だけで実現したのが
ノンケミカル系最強日焼け止め SPF50、PA++++です。
 
 
紫外線吸収剤を使っていませんから
夏でもサラサラで快適で、しかも石鹸で落とせます

紫外線吸収剤だけでなく、石油系合成界面活性剤も
パラベンも鉱物油も合成香料もシリコンも
みんな配合してありませんから安心です。

しかも紫外線散乱剤の酸化チタンはナノ粒子にすると
肌に侵入してしまいますから、ノンナノにしています。

さらに酸化チタンをヒアルロン酸などでコーティングして
肌を乾燥させず、しっかり保湿もしてくれます。

そしてパウダータイプですので塗り直しも簡単ですから
何度でも重ね塗りができます

おまけにビタミンC誘導体まで配合して、透明感のある
お肌を手に入れることができます。

まとめ

紫外線吸収剤と紫外線散乱剤の違いとそれぞれの特長と短所はわかりましたか?

それぞれの長所を活かして、上手く活用すれば
紫外線対策をスマートにできるのではと期待しています。

Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です