日焼け止めは紫外線吸収剤不使用がおすすめ?塗り方とパッチテストは?

Pocket

日焼け止めは紫外線対策には必須ですが、
日焼け止めを塗ると肌が荒れてしまいませんか?

肌を荒らせずに紫外線をカットするには、
SPFやPAで高いものを選んではいけないのでしょうか?

日焼け止めについてまとめてみました。


日焼け止めには紫外線吸収剤不使用がおすすめです!

日焼け止めの成分には紫外線散乱剤と紫外線吸収剤の2種類があります。

紫外線散乱剤は紫外線を反射して防ぎます。

肌の負担が軽いのが特長ですが、
汗に弱くて、白浮きをするのが弱点です。

SPFやPAも、あまり高いのは難しいです。
 
 
紫外線吸収剤は紫外線を吸収して防ぎます。

紫外線吸収剤は肌の負担が大きいのが弱点です。

紫外線対策の効果は大きく、汗にも強くてさらさらしていますから
扱いやすいのが特長です。
 
 
 
紫外線散乱剤と紫外線吸収剤は両方共含んでいる場合が多いですが
最近は紫外線吸収剤が肌荒れなどの弱点が認識されて
紫外線吸収剤不使用の日焼け止めが多くなってきました。
 
 
紫外線吸収剤不使用の日焼け止めをおすすめするのは
ほとんどの場合がそれで足りるからです。
 
 
紫外線対策はSPF50やPA++++のように
高いに越したことはないと思うかもしれませんが

それだけお肌を荒らしている可能性が高いので
紫外線は防げても、肌はボロボロになってしまっては意味がないですね。
日焼け止めの選び方
引用元:naturalweb.co.jp

日常生活ではSPF10~20、PA+で十分なのです。

屋外での生活でも、通常のレジャーぐらいなら
SPF20~25、PA++で足りるのです。

そしてこの範囲ならば紫外線吸収剤不使用でできるのです。
つまり紫外線散乱剤だけを含んでいる日焼け止めで可能です。

ですから、ノンケミカルとか紫外線吸収剤不使用と書いてある
日焼け止めを使うようにしましょう。

そうすればお肌にはずっと優しい日焼け止めになります。
 
 
 
ただし海や山に行ったり、長時間の外出や特に日差しが強い時などには
紫外線吸収剤を使用したような強力な日焼け止めを使うようにしましょう。

紫外線吸収剤が肌に与える影響よりも、紫外線対策を重視するべき時は
SPA30~50やPA+++やPA++++を使うことが賢いことですね。

ちなみに、ノンケミカル系最強日焼け止め SPF50、PA++++のように紫外線吸収剤を使ってない日焼け止めもあります。

紫外線吸収剤を使ってお肌が最悪一週間荒れてしまうかもしれませんが
紫外線は5年とか10年にもわたって悪影響をもたらします。
 
 
そして紫外線対策とは日焼け止めや化粧だけでするのではなく
日傘や帽子を使ったり、手袋や長袖などそもそも戸外では
肌を露出することを最小限にしておくことが大切です。

日焼け止めの正しい塗り方

いくら正しい日焼け止めを選んでも、使い方を間違っては
その効果が半減してしまいます。

SPFやPAの効果は、1平方cmに2mgを塗った場合の数値です。

多くの方がそれよりも少なく塗っています
 
 
特に紫外線吸収剤不使用の場合は白浮きしますから
それを避けたいと思うからでしょうが薄くなりがちです。

もし薄くして使うのなら、塗る頻度をあげましょう。
あるいは別の日焼け止めを、重ねて塗りましょう。

日焼け止めは本来なら2、3時間に1回塗り直しをするのが基本ですが
薄くして1時間に1回塗るなどこまめに塗ることが必要になります。
 
 
 
あと大事なのが塗ってない部分をなくすことです。

ふだん見えない所、首や耳や足などの後ろとかを忘れないようにしましょう。
また手や足など広い所に塗るときに、大雑把に塗るとムラが出て
塗らない部分になってしまいます。
 
 
 
反対によく日の当たる部分には、何度か塗るようにします。

つまり、肩や鼻筋などは強く日が当たりますから、念を入れるのです。

とにかく、日焼け止めはケチらずに、しっかり使いましょう。
セコくすると、後で大きな後悔をすることになります。
 
 
 
塗り直しのときによく使われるスプレー式の日焼け止めを塗るときは
同じ所を長く当てられませんから、全体をサーッとかけて
後から手でそれを伸ばして満遍なく塗るようにしましょう。


日焼け止めを使う前にパッチテストをしましょう

日焼け止めの多くの物はパッチテスト済みでしょうが
それでも自分が使う前には自分で試した方がいいです。

紫外線散乱剤は化学物質がありますからとうぜんとして
紫外線吸収剤であっても炎症が起きたりします
 
 
 
パッチテストをするのは、手のひらや腕の内側など目立たない箇所に
日焼け止めを少量を塗ってみます。

24時間たっても、腫れたりしなければOKです。
 
 
パッチテストは早めにしましょう。

実際に使用する2日前までにはテストを行います。

というのも、もしテストの結果がよくなかった場合は
別の日焼け止めを購入するなどして、
またパッチテストをしますから、日数が必要です。

まとめ

日焼け止めを上手に使って、快適な夏を
紫外線の被害を受けない季節にしましょう。

必ずしも、値段が高い日焼け止めがいいわけではありません。

あくまで、用途に合った日焼け止めを選ぶのが大事です。

Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です