日傘折りたたみは軽量で晴雨兼用?一級遮光は?おすすめはこのブランド!

Pocket

日傘を買うとしても、長傘がいいのか折りたたみがいいのか?

日傘専用がいいのか晴雨兼用がいいのか?

一級遮光って、本当に優れものなのか?

日傘について、知っておきたいことをまとめてみました。


日傘の折りたたみは軽量で晴雨兼用をオススメします!

春ぐらいから紫外線が強くなってきますから
日傘を欲しくなりますね。

日傘を1つ持つのなら、折りたたみで軽量なもので
晴雨兼用なものをオススメ
します。

だって軽量の折りたたみの傘はいつでも持っていられますし
小雨が降ったりしたら、雨傘代わりに使えて便利ですよね。
 
 
 
お金が豊富に有り余るほどあるのなら
長傘も雨傘もそれぞれ別に持ってもいいけど

1つなら、やっぱり折りたたみで晴雨兼用が便利です。
 
 
 
折りたたみで軽量な日傘なら海外旅行にも持って行くと
昼間の陽が暑い時はもちろん助かりますが
晴雨兼用であればちょっと雨が降った時にも使えます。

旅行の荷物は重くなりがちですから軽量がとても大事です。
 
 
 
もちろん日本でも外出の時にバッグに入れられる
折りたたみ日傘は重宝してますという声が多いですね。

友達の4人に3人は折りたたみ日傘を便利で使っています
 
 
 
もちろん、折りたたみ傘も便利なだけでなく欠点もあります。

長い外出の時などは、ずっと日傘をさして歩くのなら
折りたたみより長傘をオススメします。

長傘の方がしっかりした作りですし、
手でさしやすくて、長さも大きさも上です。

あと風が強い場合も、傘の強度の違いで
折りたたみは壊れやすいですね。
 
 
 
ちなみに、折りたたみ日傘に丈夫さを求めるのなら
アルミニウム製よりスチール製の方が強度がありますが
同時に重さが重たくなります。

それ以外の軽量で丈夫な素材はいくつかありますが
その場合は値段が高くなります。
 
 
なお、色は黒色が紫外線対策にいいと言う人がいますが
UVカット率が高ければ、何色でも問題はありません。

日傘折りたたみは一級遮光がいいですか?

日傘を買うのに遮光率を見ますか?

遮光率は、太陽光から出る赤外線・可視光線・紫外線のすべてを
遮る割合を示す率です。
 
 
遮光率が一番高い表示として一級遮光があります。

一級遮光の場合は、「遮光率99.99%、紫外線遮蔽率99.9%以上」
を満たす必要があります。

多くの日傘が、遮光率99%とか99.9%ですから
一級遮光というのは優れものです。

紫外線対策も大事ですが、遮光で日差しを遮ることも
暑い夏を涼しくすごすためには必須です。

ですから、買えるものなら一級遮光の日傘をオススメします。


日傘の折りたたみのおすすめはこのブランド!

日傘を選ぶのならば、まずはサンバリアがオススメです。

サンバリアは一級遮光と言わないで、完全遮光です。

完全遮光とは99.99%でなく100%です。
つまり真っ暗です。
 
 
 
実は優れものといった一級遮光でも、光は0.01%は通すわけです。

それがどのくらい違うというと、傘の表からLEDのライトをあてると
真っ暗と星のように見えるの違いがあります。

一級遮光

引用元:サンバリア http://uv100.jp/wb/about/?p=116

サンバリアを使うと日差しを遮って涼しいことを実感します。
 
 
 
完全遮光の傘はサンバリアが始めましたが
芦屋ロサブランが続きました。

基本的に遮光の機能では差がありません。
 
 
差は見た目はデザインです。

センスの有るデザインでは、芦屋ロサブランの方が評判がいいです。

ただし、サンバリアは日本製で芦屋ロサブランは中国製です。

そのため、壊れやすいとの声もあります。

ちなみに、サンバリアは6ヶ月は無償保証で、
その後も有償ですが修理は受け付けます。

芦屋ロサブランは無料保証はありません。
 
 
サンバリアも芦屋ロサブランも2段、3段の折りたたみを販売してます。
 
 
 
あと隠れた完全遮光の日傘を販売しているのはリーベンです。

リーベンは完全遮光を謳わず一級遮光と言ってます

洋傘の業界団体であるJUPA(日本洋傘振興協議会)では、
遮光率がたとえ100%であっても「完全」という単語を使わず
「遮光1級日傘」と呼ぶことになっているので、
JUPA会員のリーベンは「完全遮光日傘」という名称は使用しないで
一級遮光と言っています。

ですから完全遮光の日傘が、割安で購入できるオススメのメーカーです。

リーベンには通常の日傘と、機能性日傘1、2の3種があり
機能性日傘1は外側コーティングで安価な通常より優れた日傘を
機能性日傘2は内側コーティングで完全遮光を実現しています。

ですから、さまざまな用途に合った日傘を販売しています。
 
 
 

小宮商店の日傘も日本製で質は高く評判もいいです。
折りたたみは2段だけです。

ただし海外製傘という製品もあります。
 
 
 
W.P.C.は2000円ぐらいと安価で、
わりといい日傘の晴雨兼用の折りたたみを販売してます。

やはり値段が予想するように中国製ですから
あまり高級品を期待するのは無理です。
 
 
 
あといわゆるブランドとしてはセリーヌやバーバリーなど
人気のある日傘もあります。

こちらも最近は中国製ばかりになったとの声もあります。

まとめ

暑くなってきたら日傘を使うのは女性の常識ですが
最近は男性も日傘を使いだしています。

これまでやせ我慢をしていたのを、正直になったのでしょう。

日本の夏はもちろんのこと、春や秋も日傘を使うのが賢いことです。

Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です