日傘はuvカット100? スプレーで紫外線対策と晴雨兼用?

Pocket

日傘もどんどん進歩してUVカット率が90%から
99%、99.9%になり、ついにUVカット100まであります!

本当に、それだけカットしなければ紫外線対策としては足りないのでしょうか?

UVカットスプレーとは防水スプレーとかを使っても駄目なのでしょうか?

よい日傘を使うことをまとめてみました。


日傘はuvカット100がオススメ?

紫外線(UV)は日焼けの原因ですが、それだけではありません。

日焼けで黒くなるのはターンオーバーでやがて白くなりますが
紫外線は皮膚の下の組織も破壊します

少々なら人間の細胞も新たに作られますから平気ですが
長い時間や大量の紫外線を浴びると
やがてシミやしわやカサつきなどの影響が出ます
 
 
また紫外線は皮膚がんの原因にもなります。

日中の外出に日傘をさすのはよいことですから
UVカット率が紫外線を遮る割合を示していますね。

UVカット率99%や99.9%などの日傘がありますが
オススメはUVカット100でしょうか?
 
 
 
もちろんUVカット100%をオススメしますといいたい所ですが
必ずしも100%である必要はありません

UVカットといっても、それは直射光としての
紫外線をどれだけカットするかで
私達が浴びている紫外線の約60%が
空気や地面で反射して散乱光として来ます

 
 
つまりUVカット100%でも安心ではありません。

UVカット100%の日傘をさすだけの人より
UVカット99.9%の場合で、散乱光の紫外線もしっかり防ぐ人の方が
はるかによい紫外線対策をしていることになります。
 
 
散乱光の紫外線を防ぐのには主に以下のことをしましょう。

日傘の裏側は黒や濃い色にする (裏側で反射するのを防ぐ)
手袋などで肌をできるだけ露出しない
UVカットクリームなどの塗る

日傘の紫外線対策をUVカットスプレーで強化

日傘をUVカット100のサンバリアを買えばいいのですが

「今ある日傘を気に入っているから使いたい。」
「サンバリアは値段が高いからちょっと・・」

そう思う人にオススメするのが、
持っている日傘をUVカット率を高くして使うことです。
 
 
 
やることは簡単でUVカットスプレーを使うことです。

例えば、このスプレーは99%の紫外線をカットしてくれます。

紫外線だけでなく、遮光をしますから暑さも和らぎます。

また撥水・撥油効果もついていますから、小雨くらいなら
晴雨兼用になりますし、油も弾くから安心ですね。 

ただしUVカットスプレーを使うのなら、用途を衣類・布用にしましょう。

またスプレーを使う時は戸外など換気のいい所でしましょう。

スプレーをするのは表側でも裏側でもかまいませんし、
両方にスプレーをかけると効果は高くなります。


日傘を晴雨兼用にする防水スプレー

日傘を紫外線対策で使うのがメインになると思いますが
思いがけない雨に降られた時には雨傘として使いたくなりますね。

元々晴雨兼用の日傘でしたらいいですが、
そうでない日傘を雨の時にさしたら悲惨です。
 
 
 
防水スプレーを使うと、それまで水を通していた傘の生地が
水を垂らすと丸く水滴になって、弾かれます

ただし、いくら防水スプレーでもレースの日傘など
いわゆる晴れ専用のパラソルなどは
生地の目が粗いので効果が期待できません。

元々晴雨兼用で撥水加工をしてある日傘を
さらに防水スプレーをかけて強化するのはオススメです。

あるいは晴雨兼用の日傘の撥水加工が弱まってきたと思ったら
防水スプレーで撥水加工をするのもいい考えです。
 
 
 
防水スプレーを使って防水加工(実は撥水加工)ができたかどうかは
傘の生地に口をあてて息を吹いてみるとわかります。

まったく通らなければ雨傘です。

晴雨兼用なら、軽く通るくらいになります。
これは撥水というのは、水を弾く機能であって
水を通さないわけではありません。

ですから、晴雨兼用が小雨程度なら使えるが
本格的な雨ではよした方が無難だという理由です。

 
 
 
防水スプレーは使ってすぐに効果が出るのではなく
スプレーで濡れているのが乾いてから効果が出ます。

雨が降っていて、急いでいるからといって
慌てて防水スプレーが乾かないうちに日傘を使わないようにしましょう。

最低30分は待った方がいいです。
できれば前の晩に防水スプレーをして、翌日使うようにしましょう。

まとめ

紫外線対策は美容でも健康でも大事です。

日傘の紫外線対策はUVカット率も大切ですが、
それだけで対策は終わりではありません。

毎日の紫外線対策の優劣が
将来の美しい肌や癌などの疾病を避けた生活を
くれると思いますから、日傘をうまく使いましょう。

Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です