防水スプレーと撥水スプレーって違いは?汚れ防止の使い方は?

Pocket

ホームセンターで防水スプレーを買おうとしたら
防水スプレーの隣には撥水スプレーがありませんか?

値段も用途もほとんど同じような2つのスプレー。

この2つのスプレーは何が違うのでしょうか?


防水スプレーって撥水スプレーと違いがどこにある?

防水スプレーは防水するようにして
撥水スプレーは撥水するようにしているではわかりませんね。(笑)
 
 
 
防水とは傘やレインコートのように水を通さないことで
撥水とは水を弾くことです。

防水ならとうぜん撥水はします。つまり防水の方が広義です。

撥水する場合でも繊維の間には隙間がありますから
高い圧力をかければ水を通しますし
弱い圧力でも徐々に水は通します。(染みこんでいく)
 
 
防水加工の場合は防水膜を作り隙間がありませんから
普通の圧力でも水は通しません。

うんと高い圧力をかけると壊れてしまい水を通します。(笑)
 
 
 
防水スプレーは厳密に入れば防水加工をするのではなく
撥水スプレーより強く撥水加工をするスプレーのことです。

ですから防水スプレーというのは厳密にはありません。
あるのは撥水加工が強いか弱いかの違いがあるだけ
です。

そしてどれを防水スプレーと言い、どれを撥水スプレーと言うかは
作っているメーカーの決めることです。
 
 
 
防水・撥水スプレーは大きくシリコン系とフッ素系の材料があります。

一般的にシリコン系のスプレーは強力な撥水のバリアを作って
対象物を覆ってくれるので空気も通らなくなり
水に強くなる代わりに蒸れるようになります。
 
 
一方フッ素系のスプレーは、繊維の間の隙間は残り
繊維自身をコーティングするので、空気は通り蒸れない代わりに
撥水性能はシリコン系に較べると弱くなりがち
です。
 
 
 
ですからシリコン系が防水スプレーと呼ばれ
フッ素系が撥水スプレーと呼ばれることが多いです。

防水スプレーって汚れ防止にも使えますか?

防水スプレーも撥水スプレーも汚れ防止グッズではありませんから
あまり大きな期待は持たない方がいいと思います。

しかし、撥水加工された表面は水を弾きますから
汚れがついてしまいにくく、表面に残っています。

また水だけでなく、油も弾いてくれて助かります。
 
 
汚れがついた時に対処は
わずかな埃などなら息を吹くことで取れますし
大きいものなら、こすらないようにしてつまんで取れます。

汚れが水であれば、ティッシュ等で吸い取るようにします。
もし汚れが残るようなら、すぐにきれいな水でふきます。
 
 
 
汚れ防止をするのなら、購入後に最初に防水スプレーを
天気のいい日(乾燥した日)にかけると効果的です。

とうぜん防水スプレーを使う素材に合った用途を選びましょう。


防水スプレーの効果的な使い方

防水スプレーも撥水スプレーも使う時には
スプレーを吹きかける物は汚れを落として
きれいにしてから使いましょう。

汚れていると、その汚れを撥水膜が固めてしまい、落ちなくなってしまいます。

新品の時に防水・撥水スプレーをかけておくといいというのはそのためです。
 
 
 
使う日はできれば晴天の日、少なくとも雨が降っていない日がいいです。

そして戸外など換気のよい所で使うようにしましょう。
スプレーの成分を吸い込むと体によくありませんからマスクをオススメします。
 
 
 
防水・撥水スプレーは20cm~30cm離して対象物を
全体を湿らすようにかけます。

吹きかけもらしがないように、
また一点を固めてかけることのないように注意しましょう。
 
 
 
実際に使って防水スプレーが働くには完全に乾いてからです。

短ければ15分、普通は1時間あれば乾きますが
スプレーの缶にどれだけ乾かせればいいか書いてあると思います。

前の日にスプレーをしておけば完全です。
 
 
 
防水スプレーは2度塗りは効果的です。
ある程度乾いたら、もう一度スプレーをかけます。
 
 
 
なお雨で使って濡れたら、そのままにしておかないで、
湿った柔らかい布で水と汚れを拭き取っておきましょう。

しっかり乾いたら、防水スプレーをまたかけておくと完璧です。

ただし、必ずしも毎回スプレーをかける必要はなく
水を弾くかどうかで必要かを確認してみましょう。

まとめ

名前も機能も値段も似ている防水スプレーと撥水スプレー。

厳密には両方共実は撥水スプレーですが
それでも防水スプレーというのはそれだけのわけがあり
その特性を活かした用途を選びましょう。

Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です