入学祝いお返しはマナーで不要って本当?半返しがいい?時期は?

Pocket

入学をされておめでとうございます。

両親や親戚や先輩から入学祝いを頂きましたか?

入学祝いをもらうのは嬉しいですが
お返しをするのはマナー違反だということもよく聞きますが本当でしょうか?
どうしたらよいのでしょうか?不安ですね。

原則とともに実際にはどうかについて確認をしておきましょう。


入学祝いのお返しを送るとマナーでは不要だから違反になる?

入学祝いをもらったら「頂いた時にはお返しを贈る」と思いがちですが
マナーでは祝いの種類によってお返しの扱いが違います。

マナーとして結婚祝いや出産祝いには必要とされていますが
お中元・お歳暮や入学・入園祝いはお返しは不要とされています。
 
 
とはいえ、マナーとは法律と違って固く決まっているものではありません

兄弟など身内の間では「お互いに不要にしよう」と話し合っているのなら
もちろん、それに従って不要にしてよいのです。

また上司や親戚からもらった入学祝いが
5,000円程度の図書カード等ならば、送った方も期待はしてないでしょうから
お返しをするのは不要と考えていいと思います。
 
 
しかし入学祝いが1万円以上の場合はちょっと悩みますね。
それだけのお金を頂いたことに感謝はしていますから
できれば、その気持ちを物を贈って表したいのは人情です。

お返しをしないのはマナー違反ではないといっても、
お返しをするかしないかは人や地域によって
それぞれに違った習慣、風俗など常識があります。

実際周りの人に聞いてみるとお返しをしている人が多いです。

ですからお祝いの金額が大きいことであれば
両親や地域の人などに聞いて
「お返しをすることがマナー違反ではない」
というのなら、お返しを贈るのが無難です。

もちろん「入学祝いにお返しはマナー違反だ!」
というのなら、それに従ってお返しはしないのがよいです。

入学祝いのお返しは半返しが常識ですか?

入学祝いに限らずお返しは半返しが相場です。

ただし、現金でもらって品物でお返しをする場合
お米券・商品券などだったらきっちり半額にできますが
普通の品物の場合は金額を正確に半分にする必要はありません。

と言うより、最高半額と考え半額くらいでいいのです。
 
 
 
ちなみに、祖父母や両親から入学祝いを頂いた場合は
お返しを半額というのは、よろしくありません

親の感情からいっても、子供にそんなことにお金を使って欲しくないのです。

金額は1/4以下、場合によっては数千円でもいいですが
それより誕生日のように「相手が喜ぶ物」を贈るか
あるいは物でなくて、食事会などをして
この機会に語り合いをすることが大切です。
 
 
 
また中には感謝の気持ちを精一杯表したいという思いからか
お返しを入学祝いと同額でする人もいます。

しかし、これは絶対にしてはいけないのです。

お祝いをした人の気持ちを考えてみましょう。

 「お祝いをしたら同額が返ってくる」

これでは、何をしたのかわからなくなってしまいます。
ですから、同額を返すというのは

 お祝いをあなたからもらういわれはない
 お祝いをもらうのは迷惑だ
 頂いたお祝いを突き返す
 あなたとは付き合いをしたくない

というメッセージになってしまいます。
つまり重大なマナー違反です。
 
 
 
ちなみに、入学祝いのお返しと言ってますが
本来はそれは「内祝い」であって「お返し」ではありません。

内祝いというのは、内にあった喜ばしい事を一緒に祝って欲しい
ということで嬉しい気持ちを祝い品として人にもお分けするのです。

ですから、お返しの表書きは「内祝」と書きます。
贈る人の名前は親が送っても入学をした人の名前です。
水引きは白赤の蝶結びのものを使用します。


入学祝いにお返しをするなら時期は早い方がいい?

もちろんどの場合でもお返しをするかどうかに関わらず
頂いたことにお礼をするのは当然です。

もしお祝いを送ってきたのならば、相手に会ってお礼を言うか
遠ければ電話でするのをできるだけ早くします。
 
 
お礼とは別にお返しを送るのならば
時期は入学をしてから1ヶ月以内にするようにしましょう。

お返しを送るのは早ければ早いほどいいのです。
ただし入学前にするのは考えてみれば変ですね。

ですから入学祝いのお返しが入学後でないと
かえってマナー違反で、常識知らずと言われてしまいます。
 
 
入学をしてわかった学校の様子などを
お返しを送るならメッセージとして添えますが
お返しを送らない場合でも
ハガキに一言書いてお礼状として送りましょう。

お返しを贈るか贈らないかは状況によって違いますが
祝ってくれた気持ちに対して感謝をする
その気持ちの表れは必ず必要
だということです。

まとめ

入学祝いのお返しは原則不要がよく書かれています。

しかし実際にはお返しをしないというのは難しいことが多いです。

マナーではお返しをしなくてよいことになっていると思っても
相手はお返しを期待して待っているかもしれません。

今後の付き合いで問題のないように、コミュニケーションを円滑にするために
くれぐれもお返しを簡単に考えて安易に省略することはしないようにしましょう。

Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です