クレジットカード作成マイカーローンは自己破産後組むことができないが・・・

Pocket

自己破産をしているとクレジットカード新規は無理です。
また、保証人になっていて自己破産をしてしまった理由でも同じことです。

クレジットカードを作りたいのであれば、自己破産してから5年から7年経過しないといけません。

自己破産後はマイカーローンを組むことができません。

自己破産後7年経過するまで組むことができないのは信用情報機関に事故記録が残っているため、抹消されるのを待つ必要があります。

クレジットカード新規作成:保証人になって自己破産

自己破産をしていることでクレジットカード新規作成は不可能です。

これは、保証人になってしまったために自己破産をしてしまった理由であっても同じことが言えます。

そのため、クレジットカード新規作成したのであれば、自己破産してから5年から7年経過しないと審査を通過することができませんので、この期間は時間が過ぎるのを待つだけとなります。

 
 
借金の保証人というのは、返済することができなくなってしまうと代わりに返済しないといけない義務が生じます。

さらに借金をした人が自己破産をしてしまうと今までの借金を一括返済しないといけなくなってしまいます。

もちろん、保証人になって返済することができる額でしたら自己破産を選択しなくてもよいのですが、あまりにも高額であった場合は、自己破産をせざるを得なくなってしまいます。

 
 
また、クレジットカード新規作成については、自己破産によって個人信用情報機関に情報が登録されているため、審査を通過することができません。

そして、登録されている内容は氏名や住所など色々ありますが、保証人になってしまったという理由は明記されていません。

よって、どうして自己破産をしてしまったかではなく、自己破産をしているということだけしかわからないのです。

 
 
そのため、クレジットカード新規作成はいくら理由があったとしても個人信用情報機関に事故情報が登録されている限りは無理であると言えるのです。

このように、保証人になってしまって自己破産をしたときに、クレジットカード新規作成は不可能となります。

よって、自己破産をしたのであれば、すべて現金で生活していけるようにしていくとよいでしょう。

マイカーローンは自己破産後組むことができないが・・・

自己破産後はマイカーローンを組むことができないことをご存知ですか。

そのため、自己破産後に車を没収された人は、車を購入することが難しくなるのです。

自己破産後は7年経過しないと組むことができず、これは信用情報機関に自己破産をした記録が残っていることによってマイカーローンを組むことができないのです。

つまり、情報が抹消されるまで待たないといけないのです。

 
 
自己破産をするときにマイカーローンが残っている場合、借金が免除される分、車を没収されることになります。

そして、マイカーローンの返済がなくても車の査定額が20万円以上の物は没収されることになります。

そのため、自己破産は車がなくなることを覚悟する必要があるのです。

 
 
しかし、自己破産後だから車を持つことができないわけではありません。

車の査定額が20万円以下のものでしたら所有することができるのです。

また、現金で中古車を購入することもできるため、必ずしも車を所有することができないわけではないといえます。

他に、車をどうしても手放したくない場合、自己破産をする本人以外の第三者にマイカーローンを支払ってもらう、もしくは第三者に売却をして車を借りることにする方法があるのです。

 
 
このように、自己破産後はマイカーローンを組むことができませんので、車を新たに購入することはできません。

しかし、マイカーローンを組まずに現金で中古車などを購入することはできるので、車は所有することができます。

そして、査定額が20万円以下の車も没収されることがありませんので、車を所有することができるのです。

Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です