貸金業法と教育資金についてと農協の教育ローンについて

Pocket

貸金業法は教育資金を借りるときに適用しているのでしょうか。

教育ローンは貸金業法が適用されていませんので、年収の3分の1を超える金額でも借りることができます。

農協では教育ローンを取り扱っています。

農協は農業のイメージが強いと思いますが、事業内容は多岐にわたり、教育ローンもあるのです。
そのため、銀行と同じような内容で利用することができるので、検討してみるとよいでしょう。

貸金業法と教育資金について教育ローンなら安心

お金を借りるときは貸金業法に添って融資を行います。

貸金業法が改正されたことによって、年収の3分の1以上は借入をすることができなくなりました。

そのため、教育資金を準備する際に教育ローンを利用しようと思った時に借りることができないのではないかと不安になる人も多いでしょう。

しかし、貸金業法は教育資金を借りる教育ローンには適用されていません。

よって、年収3分の1以上借入をすることができます。

 
 
これは、教育資金以外にも家や不動産を購入するときに組むローンも同じです。

なぜなら、年収の3分の1以上借りられないとすると、利用できる人が少なくなってしまうからなのです。

そのため、教育資金や住宅ローンなどは貸金業法が対象外となるのです。

よって、年収が少なくても多くの額を借りることができます。

だからといって、返済することが困難にならないように返済シミュレーションをしておくことが大切です。

 
 
ですが、教育ローンでも貸金業法が適用されているものもあります。

一般的に銀行系から教育資金を借りることは対象外ですが、信販系が取り扱っている教育ローンは貸金業法がもちろん適用されているため、年収の3分の1を超えて借入をすることができないことになっています。

よって、利用する金融機関をきちんと選択することが大切なのです。

 
 
また、公的金融機関である日本政策金融公庫が行っている教育ローンは貸金業法が対象外となっていますので、年収の3分の1以上であっても借りることはできるでしょう。

しかし、審査があるためこれを通過しないと利用することができません。

そのため、必ず借りられるとはいえないのです。

農協の教育ローンについて

農協では教育ローンを取り扱っているのをご存知ですか?農協は農業作業をしている人が利用するイメージがとても強いでしょう。

しかし、事業内容は多岐にわたっており、教育ローンを取り扱っているのです。

よって、銀行と同じような内容で教育ローンを利用することができるようになっています。

そのため、農協の教育ローンと銀行、どちらが得をするか比較検討してみるとよいかもしれません。

 
 
農協の教育ローンは最大で500万円までお金を借りることができます。

そして、金利は固定金利型や変動金利型など選択することができ、金利は各農協によってことなるため、お店に問い合わせることが必要となります。

この教育ローンは、入学金や授業料、教育費全般に利用することができます。

そのため、下宿代などにも使用することができるため、安心して使うことができるでしょう。

 
 
農協の教育ローンのメリットとしては、国の教育ローンよりも借りられる金額が多いということです。

そして、申込条件もクリアするのに難しいものがないということです。

そして、金利軽減条件なども行っているため、給与振り込みやカード申し込みをすることによって、軽減することができるので、とても大きなメリットといえるでしょう。

 
 
しかしデメリットとしては、組合員でないと利用することができないということがあります。

よって、正式な組合員になることを検討しないといけません。

ですが、組合員になることはデメリットがとくにはありません。

出資金を払っても配当率が高いので、損をすることはないと思います。

このように、教育ローンを利用するときは農協の教育ローンも検討してみるとよいかもしれません。

Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です