教育ローン申込前とその後。古い情報は気を付けましょう

Pocket

教育ローン申込前は、教育ローンを借りたその後の生活のことを考える必要があります。

なぜなら、家計を圧迫しないで無理なく返済することができるかが重要となるからです。
そのため、家計の経済状況を明確にしてから申し込みを行いましょう。

財形教育融資制度(教育ローン)は平成23年9月30日をもって廃止されました。
そのため、新たに申請をすることができないものです。

よって、この情報が書かれているのは古い内容ですので気を付けましょう。

教育ローン申込前とその後

教育ローン申込前には確認しなければいけないことがたくさんあります。

まずは、教育ローンを借りたその後の生活のことです。

これは、教育ローンを返済するに当たり、無理なく確実に教育ローンを返済することができるか考えることが大切なのです。

そのため、家計の経済状況を明確にし、教育ローンはどのくらいの金額を借りないといけないかはっきりとさせておくことが大切なのです。

 
 
また、教育ローン申込前には、返済方法もどのようになっているか確認することも大切です。

金利が変動であるか固定であるかによっても返済総額が異なってきます。

そして、元金据置なのかそうでないのかも確認しないといけません。

それによって、毎月の返済額が異なってきます。

これを慎重に確認すれば、教育ローンを申し込んだその後は安心して返済していくことができるのです。

 
 
そして、教育ローン申込前は、教育ローンの内容を隅々まで確認しておくことも必要です。

これは、借りるお金を何に使えるかが重要となるのです。

よって、教育費は多くの項目があるため、自分が利用したいものは該当するのか調べておくことが大切なのです。

そうすることによって、必要な資金を確実に調達することができるようになるのです。

 
 
このように、教育ローン申込前は確認しておかなければいけないことがたくさんあります。

しかし、これをきちんと確認しておけば、その後返済をスムーズに行うことができるのです。

また、不安要素も解決することができているので、家計の負担も少なく済ませることができるでしょう。

財形教育融資制度(教育ローン)は古い情報

財形教育融資制度(教育ローン)は独立行政法人雇用・能力開発機構が行っているものです。

しかし、独立行政法人が廃止となったために、平成23年9月30日をもって、財形教育融資制度(教育ローン)は廃止されています。

そのため、教育ローンを調べていて、財形教育融資制度(教育ローン)を見つけた時は情報が古いということになるので、気を付ける必要があります。

 
 
この財形教育融資制度(教育ローン)は公的な教育ローンであり、融資条件は、財形貯蓄残高の5倍以内、10万円以上450万円以内の範囲で借りることができました。

そして、固定金利となり返済期間は10年となっていました。

そして、希望をすると修学期間中最長4年間元金据え置きをすることができていました。

よって、今の日本政策金融公庫の国の教育ローンとあまり変わりはないといえるでしょう。

 
 
よって、公的な教育ローンを利用したいと考えているのであれば、現在の日本政策金融公庫の国の教育ローンがおすすめです。

こちらも固定金利であり民間金融機関の教育ローンよりも低金利で利用することができます。

財形教育融資制度(教育ローン)よりは融資枠が少ないですが、最高で350万円まで利用することができます。

そして、保証料も引き下げられているため利用しやすいと言えるでしょう。

 
 
もし、融資枠が足りないという場合は、民間金融機関の教育ローンでないといけません。

銀行などですと有担保型を選択すれば1000万円などを融資してもらうことができるからです。

よって、教育ローンを利用する前に、教育資金としてどのくらい融資してもらわないといけないかを明確にすることが大切なのです。

そうすることによって、返済シミュレーションもすることができますので、必ず行いましょう。

Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です