学力基準で奨学金の種類が決まる

Pocket

奨学金を借りる際、学力基準も関係しています。

よって、成績がよくないと借りることができない場合があるのです。

奨学金には第一種と第二種がありますが、学力基準が関係していますので、きちんと詳細を確認してください。

学力基準で種類が決まる

奨学金は大学進学の際に借りることが多いです。

第一種奨学金と第二種奨学金に分かれており、無利子か利子有ということになります。

これを借りるためには学力基準も判断されるため、それに該当しないのであれば、申し込みは始めから諦めないといけなくなってしまうのです。

できれば、無利子を借りたいと思うかもしれませんが、学力基準も関係していますので必ず適用するとは限らないのです。

 
 

第一種奨学金は無利子で借りる

第一種奨学金は無利子で借りることができるものです。

この学力基準は高校の成績が3.5以上でないといけません。

よって、これ以下の場合、申し込む資格がないということなります。

しかし、いくら学力基準に達していたとしても家計基準でひっかかる場合があるのです。

実際、第一種奨学金を申請している4人に1人は採用されていません。

そのため、第二種諸学金を借りることとなっています。

 
 

第二種奨学金は利子有で借りる

第二種奨学金は利子有で借りるものですが、第一種よりは学力基準が低く設定されています。

その内容としては、高等学校や専修学校における学力成績が平均水準を上回っていると大丈夫なのです。

そして、特定の分野で優れた資質能力があれば借りることができます。

さらに、大学における学修に意欲があって、修了見込みがあると判断されるとよいのです。

そうすることで、第二種奨学金を借りることができます。

 
 
このように、奨学金を利用するときに、第一種奨学金は学力基準がとても厳しいといえます。

逆に、第二種奨学金は大学における学修に意欲があれば借りることができるというわけです。

第二種奨学金は学力が極端に悪くなければ誰でも借りることができるというわけなのです。

よって、利子有でもよければ奨学金を利用するとよいかもしれません。

Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です