現役高校生とローンについて民間教育ローンがだめなら公的教育ローン

Pocket

現役高校生が教育ローンを借りて大学受験をすることはできるものなのでしょうか。

実際は大学受験の費用を教育ローンで借りることはできません。
しかし、公的なものですと借りることができる場合があるのです。

民間教育ローンや奨学金を利用できないときは、公的教育ローンがあります。
よって、これを利用することによって、教育資金を準備することができるのです。

内容も民間教育ローンと大きな差はありませんので、お得に借りてください。

現役高校生と教育ローンについて

現役高校生が大学受験をするとなると親が受験費用を準備したりすることが多いです。

しかし、何らかの事情によって受験費用を用意することができない場合もあるでしょう。

そのようなとき、現役高校生が教育ローンを借りて大学受験をすることはできるのでしょうか。

実際、教育ローンは20歳以上でないと利用することができないことが多いのです。

よって、現役高校生が教育ローンを利用することはできないといえます。

 
 
しかし、必ずしも現役高校生が教育ローンを組むことができないわけではありません。

なぜなら、公的機関を利用することによって、教育ローンを組むことができる場合があるのです。

よって、民間金融機関を利用することを考えるのではなく、公的機関を利用することを考えてみましょう。

 
 
そして、公的機関を利用するとなると条件などがあります。

よって、自分がその条件に当てはまるのか確認することが大切です。

まずは、住んでいるところの市町村役場に相談をしてみるとよいでしょう。

ここでは、社会福祉協議会が取り扱っている教育支援資金が様々あるのです。

 
 
また、現役高校生が教育資金を用意するにあたって、奨学金を利用する方法もあります。

この奨学金の返済は卒業後からとなりますので、安心して利用することができるでしょう。

しかし、就職してから返済期間がとても長いため、きちんと職につかないと大変な場合があります。

そのため、メリットとデメリットをきちんと把握しておくようにしましょう。

 
 
このように、現役高校生が大学受験を迎えるに当たって、教育資金が必要になるでしょう。

民間金融機関は現役高校生ですと教育ローンを利用することができません。

よって、20歳を過ぎてアルバイトなどをしているとなると教育ローンを借りることができる銀行もあるのです。

そのため、公的なものを利用することによって、教育資金を準備できる可能性がありますので、そちらの申込方法を確認してみましょう。

民間教育ローンがだめなら公的教育ローン

民間教育ローンや奨学金を利用できない場合があるでしょう。

でも、教育資金が不足していてどうしても必要なときはどうすればよいのか・・・と思うことでしょう。

このようなときは、公的教育ローンを利用するとよいのです。

公的教育ローンは民間教育ローンとほとんど同じ内容で利用することができます。

また、低金利ですので安心して利用することができます。

よって、お得に借りることができるというわけなのです。

 
 
では、公的教育ローンはどこのものなのでしょうか。

それは、日本政策金融公庫が取り扱っているものです。

これは、固定金利であり、民間教育ローンよりも低金利なのが特徴です。

そして、350万円まで借りることができます。

そして、在学中は元金据え置きで利息だけを返済することが可能です。

年収制限によって借りられるかはありますが、低所得者であれば借りることができるでしょう。

 
 
公的教育ローンが利用できる対象校は、大学の他に、高校、短大、大学院、高専、専修、高校の高校や短大、大学、大学院となります。

よって、民間教育ローンは幼稚園から利用することができますが、公的教育ローンは高校からでないと利用することができないのです。

よって、きちんと利用範囲は確認しておいた方がよいでしょう。

 
 
このように、公的教育ローンは民間教育ローンよりもお得に借りることができます。

そして、低金利なので、無理なく返済をしていくことができるでしょう。

そのため、民間教育ローンを利用することができないと落ち込むのではなく、公的教育ローンを利用できるか調べてみるとよいでしょう。

Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です