母子家庭でも来店不要でも教育ローンは申込できる

Pocket

母子家庭でも教育ローンを利用することはできるのでしょうか。

教育ローンを利用することは可能ですが、負担が大きいと言えるでしょう。
そのため、社会福祉協議会が融資しているものを利用した方がよいのです。

来店不要で教育ローンは申し込むことができるところがあります。

三菱東京UFJ銀行では、インターネットから申し込みをすることにより、簡単に手続きを進めることができるのです。

母子家庭でも教育ローンは借りられる

母子家庭でも教育ローンを利用することができるか不安になったりする人が多いようです。

実際に、教育ローンは母子家庭でも利用することが可能です。

しかし、毎月の返済を確実に行っていくことを考えると負担が大きいと言えます。

よって、教育ローンで金利を含めた金額を支払っていくよりは、社会福祉協議会が融資している生活福祉資金貸付を利用した方がよいと考えられます。

 
 
ではなぜ、母子家庭は教育ローンよりも生活福祉資金貸付を利用した方がよいのでしょうか。

それは、金利がかからないということが大きな理由です。

この生活福祉資金貸付には様々な融資項目がありますが、教育資金貸付もあります。

よって、これを利用することで返済の負担を少しでも減らすことができるといえるでしょう。

 
 
そのため、母子家庭ですと学校側で授業料の免除などもあり、それを利用しながら奨学金を借りて、それでも足りない分を教育資金貸付で借りると子供を無理なく学校に通わせることができるといえるでしょう。

奨学金制度は学生本人が卒業してから返済するものですし、親の負担も少なくて済みます。

よって、銀行などの教育ローンを利用するよりもよいと考えられます。

 
 
もし、公的機関の教育ローンを借りる場合となると固定金利が低く設定されており、借りやすいところもあります。

よって、母子家庭でどのくらいの収入があり、家計を圧迫しないかをよく考えてから、利用するとよいかもしれません。

このように、母子家庭でも教育ローンを借りることはできますが、どこのを借りるかによって家庭の負担を少しでも抑えることができるので、よく考えてから借りるようにしましょう。

来店不要でも教育ローンは申込できる

来店不要で教育ローンを申し込むことができることをご存知ですか。

三菱東京UFJ銀行は来店不要で教育ローンを申し込むことができるのです。

これは、インターネットから申し込みをすることができます。

そのため、簡単に手続きを進めることができ、平日働いていて銀行に行くことが難しい人の場合、嬉しいサービスなのです。

よって、状巣にサービスを利用して教育ローンを借りるとよいのです。

 
 
三菱東京UFJ銀行は、ネットDE教育ローンを行っており、期間限定で金利引き下げキャンペーンをしています。

初めて三菱東京UFJ銀行を利用する人は、通常金利が年3.975%から1.0%引き下げをしてくれるのです。

そして、現在利用している人の場合は、1.225%引き下げるため、年2.75%となるのです。

これは平成27年4月30日までの申込なので、早めに行った方がよいでしょう。

 
 
ここで、三菱東京UFJ銀行で教育ローンを申し込む際の手続き内容をご紹介しましょう。

まずは、原則来店不要なので、インターネットで好きな時に申し込みをします。

そして、FAXまたは必要な書類を郵送します。

その後、審査結果が電話やメールで連絡がきます。

審査を通過することができれば、契約手続きに必要となる書類を郵送することになります。

また、契約後は契約した人の口座を通して、学校へ振り込みもしてくれます。

 
 
このように、三菱東京UFJ銀行では教育ローンを原則来店不要で申し込みをすることができます。

そして、支払先に直接振り込んでくれるサービスもあるため、とても便利といえるでしょう。

わざわざ銀行の営業日を気にしなくても契約を進めていくことができるので、忙しい人には大変便利なものですので、家のパソコンで申し込みをしてみてください。

Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です