最適な教育ローンを選ぶ為には?有担保型教育ローンを利用すると…

Pocket

最適な教育ローンを選ぶ為には、教育のことについて考え、融資について考えることが必要となります。
そして、家計の経済状況を把握してどのくらい融資してもらい、無理なく返済することができるかを考える必要があるのです。

有担保型教育ローンは、無担保型教育ローンよりも融資額が多いのが特徴です。
よって、医歯薬系の大学に進学する子供を持つ人は、有担保型教育ローンを利用することによって、多くの金額を融資してもらうことができるのです。

最適な教育ローンを選ぶ為には?

最適な教育ローンを選ぶ為に何をしないといけないのでしょうか。

それは、3つのポイントについて考える必要があるのです。

まずは、教育のことについて考えることが必要です。

その後、融資やローンについて考えます。

また、家計の経済状況を確認しておきましょう。

そうすることで自分にはどのような教育ローンが最適であるかを知ることができるのです。

 
 
始めに、教育のことについて考えるというのは、子供がどのような学校に進学をしたいのかを話し合っておく必要があるのです。

そうすることで、これから先どのくらい教育費用がかかるかが見えてくるはずです。

そして、子供の学力と見合う学校を考えることで、進路を決めることができます。

 
 
次に、融資やローンのことについて考えるということですが、最適な教育ローンを選ぶ為には一番慎重にならないといけないところでしょう。

十分な預金があれば、教育ローンを借りなくても済みますが、不足しているとなると教育ローンを利用しないといけません。

また、これを借りるとなると返済が必ずあります。

よって、金利が少しでも低く、保証料などが安いものを選択する必要があるのです。

そのため、他社比較をすることが大切です。

 
 
最後は、家計の経済状況を把握するということですが、これを把握しておくことで融資額がどこまで大丈夫かがわかります。

よって、家計をやりくりする上でとても大切なことだと言えるのです。

このように、最適な教育ローンを選ぶ為にはこれらのポイントをおさえることが大切だといえるのです。

有担保型教育ローンを利用すると…

子供が大学に進学する際に、国立か私立によって年間かかる金額が異なります。

さらに、私立は学部によっても金額が異なるのです。

医歯薬系の大学に進学するとなると2000万円から3000万円かかると言われています。

公的金融機関や銀行の無担保型教育ローンでは借入金額が足りないということになります。

ですが、銀行の有担保型教育ローンを利用すると、金額が一気に増えるので教育資金不足を解消することができるのです。

 
 
例えば、三井住友の有担保型教育ローンは、借入時が20歳以上70歳未満の人が借りることができます。

そして、銀行が指定している団体信用生命保険に加入しないといけません。

そして、SMBC信用保証株式会社の保証を受けることができる人で、入学予定や在学中の子供がいる人が借りることができるようになっています。

 
 
そして、有担保型教育ローンの借入金額は50万円から3000万円まで融資が可能となっています。

そして借入期間は1年から30年となっており、金利は変動型となっています。

この金利は借入期間中に毎月金利を見直ししているのです。

返済方法は、3種類に分かれています。

一つが、元利均等返済方式、元金返済の据え置き、親子リレー返済となっています。

 
 
借入金額が多ければ多いほど親の負担は大きいです。

また、親が定年を迎えるとなると返済が困難になる場合があるでしょう。

そこで、親子リレー返済を利用すれば、子供が就職し安定した収入を得るようになってから返済者を子供にすることによって、親の負担を減らすことができるのです。

よって、このような方法を利用すれば、医歯薬系の教育資金を準備することができるのです。

Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です