教育費は浪人・留学など想定外ばかり。教育ローン利子補給金って?

Pocket

子供の教育費は想定外なことばかりおきます。

なぜなら、浪人する可能性もあるからです。
そうなると、予定よりも教育費がかかってしまいます。
このような時、資金不足となりますが、これを補えるのが教育ローンなのです。

教育ローン利子補給金という言葉を聞いたことがありますか。

これは市区町村などで行っているところが多く、教育ローンを借りることによって、利子の一部を補給してくれる制度なのです。
とても便利な制度をぜひ利用してみるとよいかもしれません。

教育費は想定外ばかり:浪人・留学

大学4年間で一人当たり500万円から1000万円かかります。

また、浪人や留学をすることによって、予定よりも教育費が必要となるのです。

よって、子供の教育費は想定外なことばかりおこるのです。

そのため、いくら教育費を用意していても不足することがおこるのです。

そのような場合、資金不足となってしまい、家計から支出することは大変なことでしょう。

そのようなとき、教育ローンを利用するとよいのです。

 
 
また、教育費が想定外にかかるケースとしては、兄弟姉妹が同時に入学することがあります。

これは、第1子が浪人をして、2人の子供が同時に入学するとなると費用が一度に2倍かかるということになるのです。

そして、浪人時期も年間で40万円から100万円かかるといわれているので、家計の負担はかなり大きいと言えるでしょう。

 
 
他にも、初年度納付金の支払いが早いケースもあります。

AO入試や推薦入試は一般入試を受験する前に進学が決まるため、初年度納付金の支払いが早くなり、学資保険の満期前に納めないといけない場合があります。

そうなると資金不足に陥ってしまうのです。

よって、学資保険の満期は確認しておくことが必要です。

 
 
このように、子供の養育費は想定外なことが多いです。

大学進学にあたってストレートにいけばよいのですが、浪人してしまうとさらに教育費の負担が増えてしまいます。

よって、不測の事態を補うためには、まず教育ローンなどを利用することを考えてみましょう。

前もって調べておくことによって、スムーズに手続きを行うことができます。

教育ローン利子補給金って?

教育ローンを組むときは利子などが気になります。

そこで、教育ローン利子補給金という言葉をご存知ですか。

これは、教育ローンを借入した人に対して、利子の一部を補給するという制度のことをいいます。

そのため、利子補給金があることによって、少しだけでも返済の負担を減らすことができるのです。

これは、市区町村などで行っているところが多いため、問い合わせてみるとよいでしょう。

 
 
今回は神栖市の例についてご紹介しましょう。

まずどのような人が、教育ローン利子補給金を受けることができるかについてですが、これは、神栖市に1年以上住んでおり、かつ完納していて、現在子弟を学校に修学させている人が利用することができるのです。

また、修学者1人につき1回が原則となっています。

そのため、すでに教育ローン利子補給金を受けてしまった人は追加申請をすることができないのです。

 
 
そして、神栖市の奨学金を受けていると教育ローン利子補給金を申請することができないことになっています。

教育ローン利子補給金を受けることができる限度額は300万円に対して、利子100%となっています。

利用する金融機関の教育ローンは、公的機関であれば、日本政府金融公庫で、民間金融機関でしたら、市内に本支店があるところとなっています。

 
 
今回ご紹介した教育ローン利子補給金はあくまでも神栖市のものなので、気になる人はお住いの市区町村に問い合わせて確認をしてみてください。

そうすると何かしらの制度を実施していると思います。

よって、それに合わせて申し込みをするとよいのです。

これで、家計の負担を少しでも減らすことができるでしょう。

Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です