教育ローンの種類と特徴を知り融資申込時の不安は早めに解消しておこう

Pocket

教育ローンの種類と特徴を押さえておくと、スムーズに借入をすることができるようになります。

よって、教育ローンを検討するときは、まず他社比較を行ってから決めるようにしましょう。

教育ローンを利用するとき、融資申込時の不安が付き物です。
これは、年収に関して不安があったり、勤続年数などを心配する人が多いのです。

よって、教育ローンを借りるときは無理のない返済ができるようなところを利用するとよいのです。

教育ローンの種類と特徴を知ろう

教育ローンの種類と特徴を知っておくことによって、家計の負担を少しでも減らすことができます。

そして、スムーズに教育ローンを借り入れすることができるため、調べることはとても大切です。

そこで、教育ローンを検討する場合、他社比較を行って自分に条件の良いものを選択することが重要です。

 
 
まず、教育ローンの種類としては公的教育ローン、民間教育ローン、フリーローンというものがあります。

それぞれ特徴があり内容も異なりますので、何が異なるかを明確にしておくことが大切です。

始めに、公的教育ローンは固定金利で民間教育ローンよりも低金利で借りることができます。

返済期間は原則10年となり、民間教育ローンよりは少し短いのが特徴です。

 
 
次に、教育ローンの種類として民間教育ローンは銀行や労働金庫などが取り扱っているものです。

これは公的教育ローンに比べると比較的金利が高く設定されているのが特徴といえるでしょう。

また、変動金利、固定金利を選択することもできるようになっているところもあります。

そして、借入金額も公的教育ローンよりは多めに設定されています。

あと、融資までのスピードが速いのが特徴といえるでしょう。

 
 
最後に教育ローンの種類はフリーローンですが、これは利用目的を制限していないので、多岐にわたり資金を利用することができるようになっています。

しかし、公的教育ローンや民間教育ローンよりも金利が高く設定されているのが特徴です。

よって、高額借りると利息も多く支払わないといけないでしょう。

このように、教育ローンの種類と特徴を押さえることによって自分にあうものを選択しやすくなるのです。

教育ローンの融資申込時の不安は早めに解消しておこう

教育ローンを利用して子供の進学費用に当てようと思う親はとても多いです。

しかし、今まで特にローンを組んでこなかった人からすると、融資申込時の不安はとても大きいと言えるでしょう。

なぜなら、年収に関して不安があり、そのことで審査を通過することができなく、融資してもらうことができるのかと思ったりもします。

また、勤続年数が少ないことから借りることができないのではという不安もあるのです。

 
 
融資申込時の不安があるのであれば、まずはいくらなら教育ローンを借りても無理なく返済をすることができるか考えてみましょう。

家計を圧迫しないで教育ローンを返済できるのかシミュレーションをすることが大切です。

金融機関というのは、どこも善意事業でお金を貸してくれるものではないのです。

そのため、返済能力を判断するに当たり、年収を確認します。

 
 
ですが、急に年収を上げることもできませんし、確定申告額や所得額を変更することもできません。

よって、お金の管理をきちんと行って考えてから融資申込をすることが必要となるわけです。

そして、勤続年数に関しても転職によって勤続年数が短いこともあります。

そのようなときは、相談してみることが一番良いです。

日本政策金融公庫でしたら、教育ローンコールセンターへ、JAでしたら、全国のJAへのリンクと検索して相談してください。

 
 
このようなことを行うことによって、融資申込時の不安を少しでも解消することができます。

よって、子供の進学に教育ローンを利用しなければならなくなったときは、事前に金融機関の教育ローンの情報をきちんと確認しておきましょう。

そうすれば、慌てずに手続きを進めていくことができます。

Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です