教育資金の準備はどうしている?教育支援資金って?

Pocket

子どもの教育資金は学資保険だけでは足りないものです。

子供が幼稚園から大学までの学費となると約1000万円必要と言われています。
そのため、教育資金が不足することが想定されるので、教育ローンなどを上手に利用するようにしましょう。

教育支援資金とはどのような制度かご存知ですか。

これは社会福祉協議会が行っている無利子の貸付制度のことなのです。
これを利用するには様々な条件がありますので、借りたい場合は条件を確認しておくことが必要です。

教育資金の準備はどうしている?

子どもの教育資金はどのくらいかかるかご存知ですか。

子供1人が幼稚園から大学まで卒業するとなると約1000万円かかると言われています。

これは、あくまで公立の金額であり、私立となると2500万円かかると言われているのです。

よって、子供のために学資保険に入っている人であっても実際は足りないのが現状といえるのです。

そのため、教育資金が不足するのであれば、教育ローンなども組み合わせて利用するようにしましょう。

 
 
子どもの教育資金をきちんと確保するためには、子供が小さいうちからきちんと計画を立てておくことが大切です。

そすることによって、毎月の収入から少しずつ教育資金に回すことによって、急に資金が必要なった場合も対応することができるのです。

そのため、安定した生活を送ることができるようになるのです。

 
 
とはいえ、子供がどこの学校に入るかは試験を受けてみないとわからないことです。

そのため、公立なのか私立なのかも予測することは不可能でしょう。

しかし、子どもにはきちんとした教育を受けさせてあげたいという親の気持ちはあるはずです。

よって、どちらになってもいいように前もって早い段階から準備しておくことが大切なのです。

 
 
教育資金をどうしても普段の家計から捻出することが難しい場合は、教育ローンを利用する方法もあります。

また、大学側で行っている奨学金制度もあります。

また、教育ローンを取り扱っている金融機関はたくさんありますので、きちんと比較をしてから検討するようにしましょう。

教育支援資金って?

教育支援資金という言葉を聞いたことがありますか。

一般的に、教育費に必要な資金を調達するとなると奨学金制度や教育ローンを利用する人が多いでしょう。

教育支援資金とは社会福祉協議会が行っている無利子の貸付制度のことです。

所得の少ない世帯に対して行う貸付制度であり、様々な条件をクリアすることによって借りることができます。

よって、利用したい人は該当者にあたるか確認することが必要でしょう。

 
 
社会福祉協議会が行っている教育支援資金を利用する場合は世帯収入の収入基準を超えていないことを確認する必要があります。

例えば、世帯人員が2人で所得が261,000円以内ですと借りることができます。

3人の場合は、319,000円となっており、いずれも平成25年度収入基準であり、毎年改定されているので、詳しい金額は問い合わせるとよいでしょう。

また、家賃や住宅ローンの返済など一定金額まで控除されるようになっています。

 
 
そして、教育支援資金を修学のために必要としている人は、学校卒業まで生計維持が可能な状況でないといけません。

そして、住民票と住所・現住所が一致していることも大切です。

また、暴力団員である人が世帯にいないことが条件にあります。

詳しくは問い合わせて確認してみましょう。

このように、社会福祉協議会の教育支援資金を利用するためには様々な内容を確認しておくことが必要となります。

 
 
もし、母子家庭の場合は、公的貸付制度がありますので、そちらを優先的に利用するとよいでしょう。

母子家庭で利用できる公的貸付制度は母子福祉資金というものです。

この他にも、世帯の状況によっては、様々な無利子の公的貸付制度がありますので、どれに該当するのか確認してみるとよいでしょう。

いずれにしても住んでいるところの市区町村役場に問い合わせるのが優先的です。

Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です