女性の一人暮らしはアパートのセキュリティ対策が必須。防犯対策と表札の関係は?

Pocket

女性の一人暮らしは心配なことが多いです。
そのため、アパートのセキュリティがしっかりとしたところに住みたいですよね。

一人暮らしをしているあなたは表札を出す派ですか、出さない派ですか?

最近では出さない人が増えてきています。
その理由として防犯対策のためという人がほとんどです。

そこで、防犯のために表札は本当に出さない方がいいのかご紹介します。

女性の一人暮らしはアパートのセキュリティ対策が必須

近年、女性の一人暮らしを狙った犯罪が増えてきています。

そのため、女性が一人暮らしをするときは、アパートのセキュリティがきちんとしているか確認することが重要となります。

そうすることで、安心して毎日を過ごすことができるのです。

よって、アパートを探しているときは、不動産をきちんと確認してから契約をするようにしましょう。

 
 
では、アパートのセキュリティで何がきちんとしていないといけないのでしょうか。

まずは、カメラ付きインターホンがついているかということです。

これは女性の一人暮らしには必須項目といえるでしょう。

これがついていることによって、不審者であるかを家の中から確認することができるのです。

そして、オートロックも重要です。

これが、あれば不審者は家の中に入ることができませんからね。

 
 
また、女性の一人暮らしでアパートのセキュリティについては、ホームセキュリティを設置することが大切です。

これは、防犯システムを設置することによって、万が一に備えることができるのです。

そして、アパートに住む場合、近くに交番があるのか、道は暗くないかを確認することが大切です。

そうすることで、夜の外出も心配なくすることができるでしょう。

 
 
このように、女性の一人暮らしを狙った犯罪から身を守るためには、アパートのセキュリティを確認することがとても重要となります。

もし、セキュリティ不足であるなら、ホームセンターなどで窓の二重ロックや防犯グッズなどを使って対応するとよいでしょう。

ですが、できるだけセキュリティに妥協はしないようにしてください。

防犯対策と表札の関係について

一人暮らしをしている人のほとんどは表札を出さない人が多いです。

これは防犯対策の一つとして行っている人が多いのです。

確かに、表札を出さないことは住んでいる人を特定することができませんので、防犯対策にはなります。

しかし、表札がないと困ってしまう人も中にはいるのです。

 
 
では、表札がなくて困ってしまう人とはだれのことでしょう。

それは、郵便屋さんです。

郵便屋さんは表札が出ていないので、誤配をする可能性が高くなってしまいます。

同じ住んでいるところに同じ名字の人がいたらどの部屋か郵便屋さんは困ってしまいますよね。

だからといってフルネームを書いた表札を出すのも抵抗があると言えます。

よって、一人暮らしをしている場合、表札はどうすればいいのか悩みやすいものです。

 
 
とはいえ、表札を出さないことは確かに防犯対策にはなります。

特に女性が一人暮らしをするとなれば表札を出さないことが多いですし、表札は個人情報の扱いとなります。

よって、防犯対策のために表札を出さないのは普通であるとも言えます。

どうしても表札を出さないといけない場合には、フルネームを避けることです。

そうしないと住んでいるところを特定されてしまい犯罪に巻き込まれる可能性もあるからです。

 
 
一人暮らしをしている人は、特にご近所づきあいに力を入れるわけでもありませんし、訪問販売も避けたいと思っている人が多いです。

また、郵便物の誤配は部屋番号がきちんと明記されていれば避けられるものと考えられるので、一人暮らしの人は防犯対策として表札を出さなくても大丈夫だと言えます。

ただ、一人暮らしのうちはいいですが子供が生まれたりして学校関係のことが増えると時には表札も必要なものであると言えます。

Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です