一人暮らしを始める基本って何?そして電気、ガス、水道の手続き

Pocket

一人暮らしを始めるときは基本を知っておかないとあとで生活を始めてから困ることがたくさん出てきてしまうのです。
そこで、一人暮らしを始める基本として知っておかなければいけないことをご紹介します。

また一人暮らしをするとなると、電気やガス、水道の手続きが必要となります。

物件によって手続きの方法が異なる場合もあるのです。
そのため、きちんと不動産屋さんに確認をしてから手続きを進めるようにしましょう。

一人暮らしを始める基本って何?

大学入学や会社に就職することで一人暮らしを始める人も多いです。

一人暮らしをするぞ!と意気込んでも実際に一人暮らしを始めるためには何をすればいいのかわからない人も多いです。

そのため、一人暮らしを始める基本を知っておかなければ、実際に生活をしてから困ることが増えてしまいますので、まずは一人暮らしを始める基本について学んでみましょう。

 
 
一人暮らしを始める基本の一つ目は、物件は駅チカを探すのがいいのです。

これは、通勤通学で利用する駅が近い方が楽であり、さらに駅が近ければスーパーなどもありますので生活に困らないと言えます。

夜遅くに駅から遠いところに帰るのは危険ですし、人通りが少ないところは空き巣の危険性も高いのです。

よって、物件を探す時はこれらに注意をして探すことが必要なのです。

 
 
次に、一人暮らしを始める基本として部屋に家電やカーテンはついていません。

部屋にあるものはトイレや照明、エアコンだけです。

そのため、一人暮らしを始めるときは家電や家具をすべて買う必要があるのです。

中には、家具家電付きの物件もありますが、これを選択しない限りは自分で用意することになるのです。

また、お店で家具一式を選ぶのはとても大変なので、ネットでまとめて購入するのが便利と言えます。

 
 
最後に、一人暮らしを始める基本としてインターネット開通についてです。

これは、部屋に引っ越してきてからインターネットをすぐに使えるというわけではありません。

簡単な開通工事が必要となるため、申し込みをしてそこから1週間ほど経過しないと使用することができないのです。

よって、入居してすぐに使いたいのであれば早めに申し込みをしておきましょう。

電気、ガス、水道の手続き:一人暮らしを開始する前に

一人暮らしをするに当たって、電気やガス、水道の利用を開始する必要があります。

これがないと生活することができませんからね。

そこで、一人暮らしで引っ越しをする前に電気やガス、水道の手続きを始めます。

これらは物件の条件によっては手続き方法が異なることもあるのです。

よって、契約をするときにきちんと不動産屋さんに確認しておくことが大切になってきます。

 
 
では、一人暮らしをするときに電気の利用開始方法についてご紹介します。

電気というのは基本的に手続きをしなくても利用することがすぐにできるものです。

電気が使えない状態になっているときはブレーカーがオフになっているため、ブレーカーを上げましょう。

そして、利用したら住むところの電力会社に使用開始手続きをとってください。

そうすることで、電気ご使用申込書や開始通知書などの書類が届きます。

 
 
次に、ガスの利用開始方法ですが、ガスはプロパンガスか都市ガスとなりますので、どちらのタイプであるかを確認してください。

そして、供給している会社に手続きをとるのです。

ガスは立会いのもとで開栓作業を行うのが一般的なのです。

よって、ガスを使用したい日までに間に合うように手続きを行ってください。

 
 
最後に、水道の利用開始方法ですが、電気と同様にすぐに使うことができるはずです。

そのため、備え付けている利用開始の申込書に必要事項を記入します。

そして、水道公社や水道局に郵送し手続きを行ってください。

ですが、中には水道代は家賃に含まれているものもあります。

よって、それに応じて手続きをとるようにしましょう。

Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です