不動産会社と上手に付き合い一人暮らしの部屋探しは成功!いつ連絡するの?

Pocket

一人暮らしの部屋探しの時は不動産会社と上手に付き合うことが大切です。

部屋探しの心強いパートナーとなりますので、不動産がどんな会社であるのかきちんと知っておくことが大切です。

一人暮らしを始めるとなると不動産屋にいつ連絡をしなければいけないのか悩む人が多いです。
なので、お部屋探しのステップをきちんと把握しておくことが大切です。

不動産会社と上手に付き合えば一人暮らしの部屋探しは成功する

不動産会社は部屋に関するたくさんの情報を持っています。

なので、上手に使うことができれば、一人暮らしの部屋探しを成功させる近道になるのです。

中には、不動産会社に無理やり部屋を勧められたり、手付金を返してもらえなかったということを聞いたことがあるかもしれませんが、稀にこのようなケースがあるだけですべての不動産会社が不当な営業をしているとは限りません。

 
 
とはいえ、一人暮らしの部屋探しをするとなると不動産会社はたくさんあります。

そのため、取り扱う物件や得意な分野がそれぞれ異なると言えます。

不動産会社にも種類があり、貸主、代理、仲介に分けることができます。

貸主とは物件の持ち主で、不動産会社が自社で所有している物件のことをいいます。

代理というのは貸主に代わって物件の入居者と不動産会社が契約を結ぶことを言います。

仲介は買主から依頼されている物件を賃貸します。

 
 
また、不動産会社の得意分野は見極めておいた方が一人暮らしの部屋探しに関わってきます。

シングル物件が多かったり、事務所や店舗を中心に扱っていたり、ファミリー層の物件に強かったりと様々あるのです。

よって、どのような物件が多く得意分野はどれなのか知っておきましょう。

 
 
これらのポイントを踏まえて一人暮らしの部屋探しをすれば自分に合った物件と出会うことができます。

そして、一人暮らしをスタートさせて快適な生活を送ることができるといえるのです。

不動産会社はたくさんあります。

なので、不動産会社同士を比較して物件を比べてみるのも一つの方法と言えます。

部屋に住んでから後悔したいためにも一番初めが肝心だと言えるのです。

不動産屋にはいつ連絡するの?一人暮らしの部屋探し

一人暮らしをするとなるとお部屋探しをしないといけません。

色々な物件がありますし、不動産屋もたくさんあります。

その中で、住んでみたい物件があったとき、いつ不動産屋に連絡をしないといけないのかなと悩む人も多いため、まずはお部屋探しのステップをきちんとマスターしておきましょう。

 
 
お部屋探しのステップとしてはいつ引越しをしていつから一人暮らしの生活を始めたいかを明確にすることが大切です。

そこから、物件探しや不動産屋に連絡するタイミングが変わってきます。

引越しできるタイミングは物件によっても異なりますので注意してください。

あくまでも目安として計画を立てておくのです。

 
 
では、お部屋探しのステップについてご紹介します。

まずは、引越しの5週間から6週間前に物件の条件を決めてください。

そこから情報収集をします。

これは引越しの4週間から5週間前に行います。

そして、実際に不動産屋に連絡をするのは引越しの2週間から4週間前となります。

不動産屋を訪問して物件を見に行きます。

 
 
あとは引越しの1週間から2週間前までに物件を申し込みをして契約を交わすのです。

不動産屋に行くときは、どのエリアに住みたいのか、そして家賃はいくらまでなら払えるのかを明確にしておきましょう。

そうすることで不動産屋も情報を提供しやすく物件を見つけやすいといえます。

このように、一人暮らしで部屋探しをするときはきちんと計画を立てて行うことがとても大切です。

思い付きで物件探しを始めたりしないでください。

Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です