ベッドは必要か?>一人暮らしをするときのいいベッドって?

Pocket

一人暮らしをする際に、ベッドが必要であるか悩む人が多いです。

部屋が狭くなるのでいらないという人もいいますが、ベッドがあることで睡眠を快適に取ることができます。
よって、ベッドはあったほうがよいのです。

いいベッドで毎日快適に過ごしたいですよね。
そのため、ベッド選びは慎重におこなったほうがよいです。
また、部屋の大きさに適したベッドを選ぶことも大切です。

ベッドは必要か?一人暮らしをするとき

一人暮らしを始めるときに、部屋が狭いからベッドは必要ないと感じる人は多いです。

そのため、布団を敷けば、少しでも狭い部屋のスペースを確保することができると思うはずです。

ですが、ベッドをおいても布団を敷いてもどちらでも使うスペースは同じになります。

ただ、一時的によせるか、ずっと置いているかの違いです。

そうなれば、ベッドは一人暮らしの部屋にあったほうがよいのです。

 
 
なぜなら、ソファーベッドや布団で寝るとなると快適な睡眠をとることができません。

そのため、寝不足になってしまい日常生活に支障をきたします。

よって、ベッドがあれば毎日の睡眠を快適におこなうことができるのです。

つまり、ベッドは一人暮らしの部屋には必要であるということがいえます。

 
 
ベッドを置くことで部屋のスペースを気にしているのであれば、インテリアコーディネートを工夫すればよいのです。

ベッドに合わせて、周りにおく家具も身長の低いもので統一し、色も明るめのものを使うと部屋を広く見せることができます。

そして、ベッドの下に収納ができるものを選べば、収納スペースを確保することができますし、ベッドを置いていても部屋が散らかることがありません。

 
 
このように、一人暮らしには、ベッドが必要であり、これがあれば快適な睡眠をとることができます。

一人暮らしをすることは、健康面が心配になりますが、ベッドを置くことによって一つ心配がなくなります。

また、ベッドのマットレスはできるだけ定期的に買い替えをしましょう。

そうすることによって、寝心地がとても常によい状態をキープすることができます。

一人暮らしをするときのいいベッドって?

一人暮らしをするなら、ベッドにするか布団にするか悩む人はいいです。

布団にすれば、部屋を広く使えると思われますが、ベッドでも配置の仕方や大きさによって部屋を広く見せることができます。

また、人は1日の3分の1をベッドや布団で過ごすと言われています。

よって、いいベッドや布団選びをすることができれば、部屋を快適に過ごすことができるというわけです。

 
 
一人暮らしでいいベッド選びをするには、大きさにこだわる必要があります。

部屋に対してあまり大きすぎてもいけませんし、小さすぎると快適な睡眠をすることができません。

よって、部屋の大きさにいいベッドはどのようなものかについてこれからご紹介しますので、参考にしてみてください。

 
 
ベッドのサイズは、基本的な長さとして195cmと決まっています。

コンパクトマットレスベッドとなれば、180cmです。

あとは、横幅によってベッドの大きさが決まります。

一人暮らしの部屋が4畳半程度でしたら、コンパクトマットレスベッドがよいでしょう。

これは、ベッドの中でも一番小さいものになります。

また、女性で160cm以下の人にむいているといえます。

 
 
次に、セミシングルベッドは一人暮らしで6畳の部屋の人におすすめです。

シングルサイズよりも幅がせまいベッドなので、男性には少し小さいと感じる人もいるでしょう。

狭い部屋にどうしていいベッドを置きたいと考えている人に向いています。

そして、シングルベッドは6畳以上の部屋に向いているものです。

これが一人暮らしで定番と言えるサイズでしょう。

2人で寝るのは窮屈ですが、一人暮らしなので大丈夫といえます。

Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です