自炊で節約を!冷凍保存で料理が簡単にできる!一人暮らし向け!

Pocket

一人暮らしは何かとお金がかかり出費がかさむものです。

でも、自炊をすれば食費を節約することができ、他の出費に回すことができます。
そのため、自炊を上手にできるように色々なことを工夫しましょう。

一人暮らしでは冷凍保存法が大変便利です。
これを実践すれば、料理をするのも楽になりますよ。

また、食材を無駄にすることが減りますので、節約にもつながります。

自炊で節約を・・・一人暮らしをするとき

一人暮らしの生活は、一人なのでついついコンビニ弁当や総菜に頼りがちです。

そうなると食費の出費がかさみ、節約をすることができていません。

一人暮らしは何かとお金がかかるので、計画通りにお金を貯めていくことが難しいです。

でも、節約できる所きちんと行っていきましょう。

一番一人暮らしで節約をすることができるのは、食費です。

よって、自炊を行って節約を行いましょう。

 
 
一人暮らしで自炊をして節約をするときは、作り貯めをして冷凍保存するのがコツです。

毎回一人分を作ると食材をどうしても無駄にしてしまいます。

そうすることで、せっかく節約をしたくてもすることができません。

よって、毎回一人分を作るのではなく、多めに作って数回に分けて消費するようにしましょう。

また、冷凍保存できるものはしておいて、後で食べることもできます。

 
 
また、一人暮らしで自炊をする以外にも節約をする方法があります。

例えば、自炊に関係していますが、毎回お米を炊いてご飯を食べると思います。

ですが、毎回炊くよりは冷凍保存をして必要な時だけレンジでチンした方が電気代を節約することができます。

よって、炊飯器の保温機能は電気代がかかるのです。

 
 
そして、自炊に関連して食器洗いの水の量を減らす工夫をすることで節約につなげることができます。

油汚れはついつい水と洗剤を使いすぎてしまう傾向があります。

そこで、油汚れがあるときは、洗う前にぼろきれをつかったり新聞紙で汚れを落とせば水や洗剤をたくさん使わなくてもきれいにすることができるのです。

このように、一人暮らしで自炊をすれば様々な節約をすることができます。

冷凍保存で料理が簡単にできる!一人暮らし向け!

一人暮らしで料理をするとなると食材を使い切れるか不安になることがありますよね。

そのような時は冷凍保存法を知っておくと大変便利です。

冷凍保存をすれば料理を作るのが時短でき、さらに楽をすることができます。

料理を毎日行えればいいのですが、なかなかそうもいきませんよね。

そこで、冷凍保存法を知っておけば、いつでも料理をすることができます。

 
 
冷凍保存法のポイントとしては、買ってきてすぐに食べないものというのは、冷凍してしまった方がよいです。

その冷凍する食材としては、肉や魚、野菜、納豆など色々とあります。

そして、冷凍保存をするときに注意してほしいことは1回で使う分に小分けすることです。

そして、空気に触れないよう気を付けてラップで包みます。

なので、スーパーで買ってきたお肉をトレイのまま冷凍保存してはいけないのです。

 
 
少し面倒に感じるかもしれませんが、小分けにして包治すことというのは、味が落ちる心配がなくなり美味しいまま保存することができるのです。

野菜も茹でておいたり、カットして下ごしらえをしたまま冷凍庫に入れることで、料理をするときにすぐ使うことができます。

なので、一人暮らしの人は土日の休みにこのようなことをしておけば、平日時間がないときでも時短で料理をすることができるようになるのです。

 
 
また、日持ちする野菜などはできるだけ常備しておき、涼しいところにおいておきましょう。

日持ちできる野菜の種類としては、じゃがいもやにんじん、たまねぎ、大根などがあります。

基本的な根菜類があるとなんでも作ることができますよ。

逆に日持ちしにくい食材というのは買ったらできるだけ早めに調理をしましょう。

これで、一人暮らしの料理がとても楽しくなりそうですね。

Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です