首都圏で一人暮らしの費用と初期費用を抑えるには?

Pocket

首都圏で一人暮らしをする場合、社会人や学生によってかかる費用は異なってきますが、初期費用というのは基本的に同じと考えることができます。

よって、首都圏ではどのくらい費用が必要であるかを把握しておきましょう。

一人暮らしの初期費用を抑えたい場合、どうすればいいのでしょうか。

それは、引っ越す日をずらしたり、家具家電などは安いものにすることで、初期費用を抑えることができるのです。
よって、計画を立てて実行してみましょう。

首都圏で一人暮らしをするための費用

首都圏で一人暮らしをするとなると地方に比べて家賃が高く毎月の費用も高くなるということが想定できます。

でも、一人暮らしを始めるためには、まず初期費用を用意する必要があり、社会人であっても学生であっても必ず用意しなければいけないものといえます。

そのため、初期費用と毎月かかる費用をきちんと把握しておかないと一人暮らしをいざ始めてみてから生活が苦しくなってしまうのです。

 
 
首都圏で一人暮らしをするときに必要な初期費用については一般的には、1か月分の前家賃が5万円程度、管理費が1か月分2000円程度、敷金2か月分10万円、礼金2ヶ月分10万円、火災保険1.7万円、仲介手数料1か月分5万円に消費税というように30万円以上はかかってしまうのです。

 
 
そして、首都圏で家賃5万円のところに一人暮らしをするとなると毎月の費用は、食費が1.5万円、光熱費0.6万円、家賃5万円、水道代0.4万円、ガス代0.7万円、雑費1万円といった感じで10万円くらいはかかると想定できます。

先程の初期費用とあわせると一人暮らしを始めるには50万円くらいの費用を準備する必要があるということがわかります。

 
 
首都圏で一人暮らしをしている学生の毎月かかる費用は約10万円、社会人の場合ですと交際費やクリーニング代など色々と増えますので14万円程度だと言えます。

そのため、収入がどのくらいあるのかによって生活費をどのくらい使うことができるかが決まってくると言えます。

一人暮らしは楽しいことも多いですが、金銭面で苦労することも多いので、きちんと費用について考えることが大切です。

初期費用は抑えることができるのか?一人暮らしについて

一人暮らしをするときは、初期費用がどうしてもかかってしまいます。

一人暮らしの初期費用として、引っ越し代や敷金、礼金、家具家電など合計するとかなりの額になってしまいます。

どうしても一人暮らしの初期費用を抑えて節約したいと思う人は、これらをどのようにしたら安く済ますことができるかを考える必要があります。

 
 
一人暮らしの初期費用で引っ越し代を抑えた人の場合、早期に予約するとよいです。

これは、早割キャンペーンなどを行っているため通常引っ越しをするときよりも安く済ませることができます。

また、引っ越しシーズンは引っ越し料金がとても高いです。

なので、6月や9月など忙しい時期をずらして利用することで、価格を安く済ませることができるのです。

そして、大安吉日より仏滅に引越しをすると料金を安く済ませることができます。

 
 
次に、一人暮らしの初期費用で敷金や礼金を抑えたい場合は、とにかく不動産の物件を徹底的に比較することが大切です。

敷金は退去時に戻ってくるお金ですが、大体は1ヶ月分から2か月分かかります。

礼金は大家さんに支払うお金です。

最近は敷金、礼金なしの物件も増えてきていますのできちんと確認をしてみましょう。

また、仲介手数料は不動産屋に支払うお金なので、これも見落とさないようにしてください。

 
 
引っ越し代と一人暮らしのための敷金や礼金を抑えることができれば、残りの金額で家具をそろえることができます。

一人暮らしを始めるときの家具は必要最低限にしておきます。

そうしないと実際に生活をしてみたらいらないものが出てきてしまうからです。

生活に必要なものをあとから買い足すことはいくらでもできます。

ですが、買ってしまってから後悔してももう遅いのです。

Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です