キャッシングで50万円借りる時の注意点と審査を行う理由

Pocket

消費者金融からキャッシングで50万円以上借りる場合は、収入証明書が必要となります。
よって、50万円以下で借りる人が多いようです。

キャッシングで審査を行う理由をご存知ですか。
それは、返済能力があるかどうかを確認するためなのです。

よって、審査では過去に債務整理や滞納していないか、
借金はないかについて調べるのです。
そこで、返済能力があると判断されれば借入することができます。

キャッシングで50万円借りる時の注意点

住宅ローンや自動車ローンのために、消費者金融からキャッシングで50万円借りることがあると思います。

借りるときは簡単に返済できると思うかもしれませんが、50万円を返済することは意外と容易ではありません。

また、消費者金融からキャッシングで50万円以上借りるとなると収入証明書が必要となるのです。

よって、消費者金融からお金を借りるときは、50万円以下で借りる人が多いようです。

 
 
キャッシングで50万円借り、毎月最低返済額で回数を多くしてしまうと、利息だけで20万円近い支払いをすることになるのです。

よって、50万円借りても70万円近く返すこととなります。

そのため、利息で損をしないためにも、親や家族、また無利子で借りることができる人はいないか探した方がよいと思います。

 
 
ここで、キャッシングで50万円借り、年利18%で、24回払いしたときのシミュレーションをしてみます。

この場合、毎月の返済額は、24,962円となります。

これを24回繰り返すと、597,375円支払うこととなります。

もし、36回払いにするとなると、毎月18,076円となり、総額647,811円を返済することになります。

このように、支払回数を増やすと毎月の返済額は減りますが、総額でみると利息を多く支払うことになるのです。

 
 
よって、消費者金融は、借りられるための審査が通りやすいものの、利息を多く支払うことになりますので、借りる前にきちんと返済をどのようにするかというシミュレーションをしておくことが大切です。

そして、消費者金融を比較して、どこが一番利息で損をしないかを知っておくとよいでしょう。

キャッシングで審査を行う理由とは

キャッシングを新規で利用するときは、必ずどこの会社でも審査を行うのです。

キャッシングで審査を行う理由については、お金を貸しても大丈夫かを確認するのです。

つまり、返済能力があるかどうかを判断されるのです。

具体的には、過去に債務整理をしていないか、滞納はしていないか、借金はないか、定期的な収入があるかなどです。

これによって、返済能力があると判断されることで、キャッシングで借り入れをすることができるのです。

 
 
また、キャッシングの審査を行うときは、虚偽の申告は許されないのです。

よって、収入を多めに書いたり、一流企業の会社を書いたとしても、収入所得証明書を見れば、一発でばれてしまいます。

そして、職場に関しても在籍確認の電話をするので、すぐにわかることなのです。

また、他社から借り入れをしていることを隠したとしても、金融業者間では情報が共有されているため、隠すことができません。

 
 
よって、キャッシングをするにあたり、行う審査というのはいくら情報を隠しても隠し通すことができないようになっているのです。

また、審査の内容は会社ごとに異なり、通りやすい会社と通りにくい会社があるでしょう。

ですが、審査を待つ時間はだいたい30分くらいで終わるところが多いようです。

 
 
審査が一度通れば、その後はコンビニやATMなどでキャッシングを利用することができます。

キャッシングを利用する人はおよそ8人に1人といわれています。

よって、多くの人がキャッシングを利用し、審査を通ってきているといえるのです。

これだけ多くの人が利用しているので、審査を行うといいますが、それほど厳しくはないということがわかります。

よっぽど、金銭トラブルを抱えていない限りは誰しもが利用することができるのでしょう。

Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です