カードローンの返済方法?リボ払いを払わなければどうなるのか

Pocket

カードローンを利用する前に、返済方法も確認しておいた方がよいでしょう。

銀行などでは口座振替で自動引き落としでの返済が多いです。
ですが、コンビニのATMなどを利用して返済できたほうが、とても便利なのです。

キャッシングの返済でリボ払いにしたとき、払わなければどうなるのでしょうか。

それは、遅延損害金を請求されるでしょう。
そして、どうしても返済することができなくなったときは、債務整理をすることで、借金を整理することができます。

カードローンの返済方法は選択肢がたくさんあると便利

カードローンを利用するために申し込みを考えると思いますが、事前に返済方法も確認しておいた方がよいでしょう。

銀行のカードローンは、口座振替で自動引き落としのみの返済となる場合が多いです。

最近では、返済をコンビニのATMからでもできるものが増えてきました。

わざわざ銀行に行くよりは、近くのコンビニを利用した方が返済しやすいと思います。

そのため、返済方法を多く選択できるカードローン会社を利用した方が便利なのです。

 
 
ここで、三井住友銀行のカードローンの返済方法をご紹介したいと思います。

大手銀行である三井住友銀行は返済方法を選択することができます。

まずは、口座振替で、毎月自動引き落としによる返済があります。

この他には、カードローン口座に振り込みをして返済する方法もあります。

そして、コンビニのATMで返済することも可能なのです。

 
 
三井住友銀行のカードローンの返済で利用できるコンビニは、ローソンATM、セブン銀行ATMなどです。

あとは、イーネットATMを設置している店舗となります。

コンビニでしたら、銀行に行くよりも近いと思います。

また、三井住友銀行のカードローンの返済は、余裕があるときに、臨時返済をすることもできます。

この返済の場合は、利息金額以上の入金となるので注意してください。

 
 
この臨時返済もATMやインターネットバンキング、モバイルバンキングなど入金方法はたくさんありますので、自分が利用しやすいものから返済することができるのです。

このように、返済方法をたくさん選択できるカードローンを利用した方が、借りやすく返しやすいので、借金を延滞することを防ぐことができるのです。

そのために、カードローン会社をきちんと比較することが大切です。

キャッシングのリボ払いを払わなければどうなるのか

キャッシングのリボ払いは、毎月の返済額がとても少ないのでとても魅力的だと思います。

ですが、このキャッシングのリボ払いを払わなければどうなると思いますか。

それは、遅延損害金を請求されてしまうのです。

この遅延損害金の利率は、消費者金融によって異なりますが、実質年率の1.46倍以内でしたら、請求してもよいとされています。

そして、返済をきちんと行わないと、融資枠が減らされることもあるのです。

 
 
また、キャッシングのリボ払いは、返済が少額のためあとでまとめて払っても大丈夫などと思わないでください。

これを払わなければどうなるかきちんと知っておくことが大切です。

まず、長期間返済を放置してしまうと、遅延記録というものが、業界のデーターベースに記録されてしまうのです。

そして、1ヶ月たったところで、金融機関のデーターベースに記録されてしまいます。

 
 
さらに、これ以上払わなければどうなるのでしょうか。

3ヶ月遅延してしまうと個人信用情報機関に情報が共有されてしまうのです。

そのため、金融機関から信用を失うこととなり、新たに借り入れをすることが難しくなってしまうのです。

よって、返済日はきちんと守り、返済しないとあなたの信用が全くなくなってしまうのです。

 
 
キャッシングのリボ払いには落とし穴があります。

それは、返済期間が長期化してしまうことと返済額が少額のため、借金をしている意識が薄くなってしまうということです。

そのため、お金に余裕があるのでしたら、追加返済や返済額アップ、また一括返済をするようにしてください。

そうしないと、利息だけ多く支払うことになってしまうのです。

Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です