お金が欲しいと思ったらどうしたらいいのか

Pocket

お金が欲しいと誰もが思うことだと思います。

そもそもどうしてお金が欲しいのでしょうか。
それは、将来に向けてですか。それとも欲しいものややりたいことがあるからですか。

お金がないときどうしたらいいのでしょうか。

ふと思いつくのは、消費者金融から借りればよいと思うでしょう。
ですが、本当に生きるために生活費がないのであれば、公的な窓口に相談するとよいのです。

お金が欲しいと思ったら

お金がないと生きていくことができません。

よって、お金が欲しいと誰しもが思うでしょう。

自分の持っているお金を増やすために、宝くじを買ってみたり、投資をしてみたり、人それぞれだと思います。

ここで、お金が欲しいと思う理由はなんですか。

将来に向けての貯蓄なのか、欲しいものややりたいことがあるからでしょうか。

お金を多く持っていると確かに豊かに感じるものですが、最低限でも十分幸せに暮らすことができます。

 
 
お金が欲しいからといって、お金の奴隷にならないように気をつけてください。

お金が欲しい気持ちはわかりますが、自分が稼いでいるお金で生活をしていけるのでしたら、それで十分だと思います。

なぜなら、お金というのはいくらでも稼ぐことができるし、稼ぐ方法というのは無限にあるからです。

よって、あなたのお金の使い方、稼ぎ方次第でお金を増やすことができるからです。

 
 
お金が欲しいと思ったら、自分でお金をたくさん稼ぐことに集中するよりも、お金を使わないことに気持ちを剥けることが大切です。

お金はいくらでも使うことができます。

ですが、稼ぐのにはとても時間がかかるものです。

よって、仕事をいくら頑張って稼いだからと言ってもそれ以上使ってしまっては、当たり前お金など溜まるわけがないのです。

よって、お金の使い方が重要なのです。

 
 
ですが、お金を全く使わないことはよくありません。

貯金が増えることはよいですが、貯金が増えたからと言ってそれをどのように使うのですか。

お金を貯めることばかりに集中しているとお金の使い方を知らないままになってしまいます。

よって、少しでもお金は使うことが大切で、自分に投資してあげることも大切なのです。

このように、お金が欲しいと思ったら、自分のお金の使い方についてきちんと考え直してみることが大切です。

お金がない時はどうしたらいいのか

急な出費が続き、お金がないときってありますよね。

そのようなときはどうしたらよいのでしょうか。

一番初めに思いつくのは、消費者金融からお金を借りるということでしょう。

少額でしたらすぐ借りることができるので、何度も繰り返してしまいそうです。

ですが、本当に生きるための生活費がない限りは、何かしらの対策をすれば、事足りることが多いです。

よって、生きるための生活費がないのであれば、公的な窓口に相談してください。

 
 
お金がないと思い、どうしたらいいか考えることがあると思いますが、お金の使い道は何かを明確にしてから、借りることが大切です。

趣味や娯楽に使うものでしたら、あとでも大丈夫ですし、将来に向けての投資でしたら、期限が迫っても命に関わりません。

よって、生活が本当にできなくなったときだけ、お金を借りるのです。

 
 
長期間お金がない状態が続き、どうしたらいいかと思ったら、生活保護を受けることができます。

貯金も使い果たし、リストラや倒産によって、治療費が払うことができず、生活困窮者となるのでしたら、生活保護受けることができるのです。

本当に困っている人が受給することができ、生活を営むことができるのです。

 
 
もし、一時的にお金がない状態で、どうしたらいいかと思ったら、社会福祉協議会の生活福祉資金という制度があります。

これは、連帯保証人なしで借りることができ、保証人を立てたら、無利子でお金を借りることができるのです。

このように、生活する上でお金がないというときは、公的な窓口に相談することで、解決することができるのです。

Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です