庭木の種類は多いがシンボルツリーは簡単に育てられるもの、常葉樹で人気は?

Pocket

シンボルツリーとして庭木を植える人は多く、種類もたくさんあります。

初心者であれば見た目だけでなく、簡単に育てられるものを選ぶことが大切です。

慣れない庭木の手入れはとても大変ですので、きちんと自分が育てられるものを植えましょう。

シンボルツリーで常葉樹を植えたいと思う人は多いです。

常葉樹を選ぶときは人気の物で育てやすいものがおすすめです。

たくさんの常葉樹の中でも何が人気で育てやすいかについてまとめてみました。

庭木の種類はたくさん:シンボルツリーは簡単に育てられるものを

新築の記念や何かのお祝いでシンボルツリーを植える機会があると思います。

シンボルツリーを植えるのはとても良いことですが、何を植えるかが重要となります。

なぜなら、庭木はたくさんの種類があり、それぞれ特徴があります。

それは、常緑樹や落葉樹、花が咲くもの、耐寒性が強いものなど色々とあるのです。

よって、どのようなシンボルツリーを選ぶかによってこれからの手入れが変わってくると言えます。

 
 
もともとガーデニングを楽しんでいる人であれば、シンボルツリーで何の種類を植えても大変だとはそこまで感じませんが、初心者がシンボルツリーを植えるのであれば、簡単に育てられるものを選ぶべきです。

そうしないとせっかくのシンボルツリーを枯らしてしまうことになり、せっかくの記念が台無しになってしまうのです。

 
 
シンボルツリーに向いている庭木は色々な種類がありますが、その中でも人気が高いものはシマトネリコです。

人気が高い理由としてはとても丈夫な木で管理が簡単だからです。

花を楽しみたい人であれば、シンボルツリーにツツジやサツキがおすすめです。

これらも育てやすい常緑樹で初心者でも簡単だと言えるでしょう。

 
 
どうしてこんなにも常緑樹をおすすめするかというと冬でも葉が落ちずにガーデニングを楽しませてくれるからです。

よって、庭には落葉樹ばかり植えるのではなく、常緑樹も組み合わせて植えるのがいいのです。

たくさんの種類があり、育て方も様々ですので、まず始めは簡単に育てられるものから始めましょう。

常葉樹で人気のシンボルツリーは?

シンボルツリーを植える場合、枯れずに長く育てていきたいものですよね。

せっかくのシンボルツリーが枯れてしまうと記念だったのに悲しくなってしまいます。

このようにならないためにも簡単に育てられるものを選びましょう。

また、年間を通してシンボルツリーを楽しみたい人であれば常葉樹がおすすめとなります。

なので、常葉樹で人気があるシンボルツリーを知っておきましょう。

 
 
始めに、常葉樹でシンボルツリーとして人気が高いものはシマトネリコです。

この木は寒いところはあまり好みませんが、基本的には大変育てやすい庭木と言えます。

小さいですが花も咲くので季節を楽しむことができます。

このシマトネリコは狭い庭でも育てていくことができるということもあり、最近人気がさらに高まっています。

暑さ湿気に強いためそのような環境の人はぜひシンボルツリーとして育ててみてください。

 
 
次に常葉樹でおすすめのシンボルツリーはソヨゴです。

これには雌雄異株があるため、雌と雄のどちらも植えるのがおすすめと言えます。

そうすることで雌の木に実がついてとても愛らしいのです。

このソヨゴは寒さにとても強くて寒冷地に適している庭木と言えます。

ただ、乾燥に少し弱いため晴れの日が続く場合は水を上げるようにしてあげないといけません。

とはいえ、初めて植える人にはとても向いている庭木と言えます。

 
 
最後はヤマボウシです。

この木は春から夏に花が咲いて秋には紅葉を見せてくれます。

冬も葉が残るため庭を寂しくさせたりしません。

しかし、寒さには弱いため寒冷地で育てるのは少し難しいと言えます。

よって、自分が住んでいる環境に合わせて選択してみてください。

このように、シンボルツリーで人気が高いものを選ぶとはずれはありませんし、常葉樹だと冬まで楽しめるのでとてもおすすめです。

Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です