LCI家財総合保険って賃貸で住む時に入るとお得です

Pocket

賃貸で住むのに契約を結びますが、家賃・敷金・礼金・手数料は
わかりますが、家財総合保険と書かれて、金額が2万円くらいありませんか?

なんだかわからないけど、必要だからと思ってそのまま契約をしてませんか?

実は家財総合保険というのは必要なのだけど、不動産が勧めた保険に
入る義務はありません。

実は、半分あるいはそれ以上安くて済む保険もあるのです。

それはLCI家財総合保険です。


そもそも家財総合保険って何故必要なの?

家財保険は、住居者のもっている家財が

火事や水漏れなどで破損したときに

それらの損害を補償するものです。

ですから、火事で家が焼けてもそれは大家の分担ですから

たいした物は持っていないのならば、入らないというのも可能です。
 
 
保険というのは保険業法というのがあって

強制するという募集はすることは違反になります。

とはいえ、賃貸に入ると原状回復義務というのがあります。

万一、失火で火事を起こしたら責任を取らなければなりません。

自己破産をしても、損害賠償金は免責されないのです。怖いですね。
 
 
 
ですから家財総合保険に入ることは、ほぼ必須と言えるでしょう。

問題は、いくらの保険金に入るか、

そして保険料がいくらが妥当かです。

賠償保険というのも必要なの?

実は家財保険というのは一般的な火事などを

カバーしていますが、個人の賠償責任を

補償する保険は入っていないのです。
 
 
 
1つは借家人賠償責任の保険、例えば

借家人が火事で家を焼き、大家に与えた損害を賠償します。

もう1つは個人賠償責任の保険で、例えば

偶然その家から落とした物が人を傷つけた

ことなどを賠償します。
 
 
 
これらは、そんなに多くあるわけではありません。

しかし、そもそも保険というのは、万が一の時のために

補償することで安心を得られるのです。

ですから家財保険は賠償保険も含んだ

家財総合保険であるべきです。

もちろん、それで目が飛び出るほど高い保険料では

意味がありません。

その点でLCI家財総合保険は格安です。

LCI家財総合保険はどのくらい安いの?

価格を較べるのなら価格.comが便利ですね。

でも価格.comでは、あまり多くは載ってません。

全部で3つだけですから、それらとLCI家財総合保険を比較してみます。
 
 
 
日新火災が保険金が100万円で、年に4,000円です。

LCI家財総合保険は100万円で、年に2,700円です。
 
 
 
ジェイアイ傷害火災が185.9万円で、年に6,000円です。

LCI家財総合保険は200万円で、年に3,300円です。
安いですね。

 
 
 
全労済はわりと安くて300万円で、年に2,400円です。

ただし、個人賠償責任は別で2,300円になります。

だから合わせると4,700円になります。

LCI家財総合保険は300万円で、年に3,900円です。

もちろん個人賠償責任は500万円までが含まれています。
 
 
 
ねっ、どれと比べてもLCI家財総合保険が安いのがわかるでしょう。

もちろん、不動産会社が当たり前の顔をして書く

家財総合保険の金額がいかに法外がわかりますね。


VIVAVIDA! LCI家財総合保険

まとめ

LCI家財総合保険がいかにお得かおわかりになりましたか?

もし10年間住んだら、10万円以上もお得になるのです。

ちなみに、LCI生命保険というのもお得になります。

LCI=Low Cost Insurance(低コスト保険)っていいですね!

Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です