2階建て新幹線「Max」が乗れなくなっちゃう!

Pocket

JR東日本の上越新幹線では、2階建て新幹線の「Maxとき」と「Maxたにがわ」を走らせていて、その車両に根強いファンがいるのですが、その人達をがっかりさせる発表をしました。


2階建て新幹線の「Maxとき」と「Maxたにがわ」というのは「E4系」という系統の車両で、今年で使いだして15年目になるのです。早いですね。年数がたてば、当然古くなりますから、JR東日本では上越新幹線の「E4系」を18年度から20年度末までに入れ替えるのです。

残念なのは、入れ替えるのが「E4系」の新しい車両ではなく、北陸新幹線で使われている「E7系」に入れ替えると発表がありました。ですから20年度末までにすべての2階建て新幹線の「Maxとき」と「Maxたにがわ」は、「E7系」に替わりますから、2階建てはなく、通常の1階建て車両になるのです。

ただし、「E7系」には広い席の「グランクラス」があり、それはグリーン車よりも広いので、多くの乗客に好評です。また携帯電話やスマホなどの充電をしたりなどもできるように、コンセントがすべての席に装備されているのも嬉しいですね。

ちなみにJR東日本としては、「E4系」と「E7系」があるより、「E7系」に統一されると、メンテナンスも一つになり、訓練なども短いし、作業も楽になるそうです。また「E4系」より「E7系」の方が、輸送の効率性が高められるのだそうです。

そういえば、航空会社のエアアジアはLCCで低料金を売り物にしていますが、使う機種を1種類にしているので、かなりコストが下がるそうです。新幹線もやはり機種を統一するのは、経営を考えれば妥当なのでしょう。

しかし2階建て新幹線「Max」が乗れなくなっちゃうことはやっぱり寂しいと思う人も多いですね。

Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です