教育ローンって何があるの?返済はたいへんだろうか?

Pocket

教育ローンとは教育関係費用を個人に金融機関が融資するローンのことを言います。

そのため、保護者が利用するケースが多く、学生が利用するなら奨学金制度があります。

よって、進学に向けて上手に教育ローンを利用していきましょう。


教育ローンについて

教育ローンという言葉をよく耳にしたりすると思いますが、これは、教育関係費用のためのローンのことを言います。

これは、個人に金融機関が融資することになっており、利用するのは保護者のケースが多いです。

そして、学生が利用するとなると奨学金制度などがあるのです。

そのため、進学資金に困っても教育ローンを利用すれば、子供を進学させることは可能となります。

 

教育ローンを取り扱っている金融機関

そして、教育ローンを取り扱っている金融機関は様々あるのです。

そのため、どこの教育ローンを利用するかによって、家計の負担が変わってくるでしょう。

まず、政府系の公的機関が行っているものがあります。

これは比較的金利が安く、安心安全で借りることができるといえるでしょう。

融資金額は銀行に比べると少し少ないように感じたりもしますが、奨学金とあわせて利用するとよいかもしれません。

 
 
次に民間が行っている教育ローンは銀行などがあります。

銀行によって金利は異なり、また融資額も異なります。

そして、銀行特有のものとして、無担保か有担保によっても融資額が異なり、有担保ですと融資額を増やすことができるのです。

そのため、大学進学で多額の資金が必要な場合は、銀行の有担保の教育ローンを利用することで、資金を調達することができるでしょう。

 

教育ローンに返済について

しかし、教育ローンを借りる前にきちんと返済できるかも考えることが必要となります。

この不景気の中いつ失業するかわかりません。

そして、ボーナス払いを組み込むことによって、ボーナスが出なかったときはどうするかなども対策として考えておく必要があるでしょう。

ローンを組んだ以上は返済義務がありますので、無理のない返済方法を選択することが必要なのです。

そのため、元利均等返済が一番良いと思います。

 

学生を対象とした教育ローンの奨学金制度

そして、学生を対象とした教育ローンとして奨学金制度があります。

これは、親の所得証明や成績によって借りることができるか判断されます。

多くの学生はこれを利用して進学しています。

在学期間中は無利息で借りることができ、卒業後に毎月分割返済していくことになっています。

そして、成績次第では返済が免除になる制度もあります。

よって、この奨学金制度を授業料や生活費にあてることができるというわけなのです。

 
 
また、学生本人が奨学金制度以外に利用できる教育ローンもあります。

この条件としては20歳以上となりますが、アルバイトなどで一定の収入があることによって、学生であっても教育ローンを組むことができるのです。

そのため、奨学金制度を利用しないで学生でも利用できる教育ローンを利用するという方法もあるのです。

 
 
このように、教育ローンというのは様々な会社が取り扱っているものです。

そして、会社によって、利用条件が異なり、金利も異なります。

また、返済期間も違いが出てきますので、他社比較をきちんとして調べることが大切でしょう。

また、家計の状況と相談をし、将来を見据えて教育ローンを組むようにしないといけません。

そうすることで、万が一何かあった時もきちんと返済をしていくことができるでしょう。

Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です