パナスカリの育て方と別名ペンタスの特徴について

Pocket

パナスカリはとても育てやすい植物ですので、ガーデニング初心者にもおすすめです。

基本的な育て方を押さえれば誰でも簡単に育てられます。

パナスカリ別名ペンタスはとても可愛らしい花をたくさん咲かせてくれるものです。

パナスカリの特徴についてご紹介します。


パナスカリの育て方について

パナスカリという植物は別名草山丹花(クササンタンカ)といわれ英名をエジプシャンスタークラスターと呼ばれています。

この花は一年草で、花びらが星の形をしておりとても美しいです。

花の色はピンクや白、赤が一般的ですが温帯とは思えないような印象を与えてくれます。

もともと熱帯アフリカやマダガスカル原産で育ってきたので暖かい気候に適している花と言えます。

そのため、極度の寒さには弱い花と言えます。

でも、育てやすい花なのでパナスカリの育て方を学べば誰でも簡単に育てることができるものなのです。

 
 
パナスカリの開花時期は夏から秋が一般的ですが、一定の温度を保つことができる環境であれば1年中花を咲き続けることができる植物です。

そのため、基本的には一年草ですが、環境によって花を長く楽しむことができるといえます。

パナスカリの育て方で気をつけてほしいことは根腐れを起こさないようにすることです。

もともと温暖な環境を好む植物ですので水のやりすぎはいけません。

 
 
逆に水が少なすぎると葉が元気に育たなくなってしまうため、水やりのポイントとしては土の表面が乾いたときです。

これを確認してから水やりを上げることで長くパナスカリを楽しむことができるようになるのです。

そして、肥料については2ヶ月に1回化学肥料を上げることで元気に育てることができます。

また、パナスカリは虫がほとんどつかないため、安心して育てることができます。

 
 
パナスカリはさし芽も簡単にできるため、すぐに増やすことができます。

これが魅力でパナスカリを楽しんでいる人も多いです。

このように、パナスカリの育て方を知ってしまえばずっとパナスカリを楽しんでいくことができます。

どの花にも育て方というものがあり、すべての花が共通していることはありません。

よって、まずはパナスカリの特徴をきちんと把握しておきましょう。

パナスカリ別名ペンタスの特徴について

パナスカリは別名ペンタスと言いますが、この花をご存知ですか?パナスカリ別名ペンタスは星形の花が特徴的で女性の人にかわいいと評判が高いです。

なので、この可愛らしい花を育てるときっと幸せな気分になること間違いなしです。

そこで、まだパナスカリを育てたことがない人は一度育ててみてパナスカリの魅力を感じてみましょう。

 
 
パナスカリ別名ペンタスは暑い気候で育ってきたお花です。

お花が咲く時期は5月から10月と長い間楽しむことができます。

また、日当たりのよいところで育てるときれいな花をたくさん咲かせてくれます。

もし、パナスカリを植えるのであれば5月から7月または春の終わりから初夏にかけて行いましょう。

パナスカリは湿気が多いのが苦手ですので梅雨の時期はさけてください。

 
 
暑い気候を好むパナスカリは雨が当たらないように育てていくことが大切です。

なので、ガーデニングをする場合、屋根がついているところで育ててあげることがよいでしょう。

そして、水やりも頻繁に行うのではなく、少し控えめの方が元気よく育ってくれます。

最近では、パナスカリを男性も育てている人がとても多いです。

 
 
男性がパナスカリを育てる理由としては女性にプレゼントをするのが目的のようです。

よって、女性にプレゼントする目的に応じて育てる花の色を変えるのがよいです。

情熱をアピールしたいのであれば赤がよいですし、かわいらしさをアピールしたいならピンク、清楚な感じを出したいなら白がいいですね。

色々な色のお花がありますので選んでみてください。

Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です