離婚調停の流れと別居期間中の生活費の負担について

Pocket

日本では協議離婚を多くの夫婦が選びますが、流れを知ってメリットとデメリットを理解しておくといいでしょう。

子供の養育費や財産分与の話し合いは離婚調停を申し立ててをすればできます。

婚姻期間中に夫婦がお互いに生活水準を維持していくために負担する生活費のことを婚姻費用と言います。

離婚調停中に別居期間中の婚姻費用を請求することも考えられます。


離婚調停の流れ、申し立てや裁判離婚はどのように行われますか?

夫婦が離婚するときにはいくつかその方法を選ぶことになります。

日本では離婚する夫婦のほとんどが協議離婚で別れるといわれていますが、離婚方法にはメリットとデメリットもあるためその流れなどをあらかじめ知っておくといいでしょう。

 
 
夫婦が離婚に向けて話し合って行う協議離婚では、お互いに合意が得られて離婚届を提出すれば離婚が成立するため、離婚調停や裁判といった他の離婚方法に比べて早く離婚することが出来ます。

一方で離婚成立を急ぐあまり協議離婚では話し合いの流れの中で財産分与や子供の養育費、場合により慰謝料請求といった部分について取り決めずに合意してしまい、後から大変な思いをする可能性があります。

 
 
特に子供の養育費は離婚後も親の義務として負担していかなければならないということがあまり知られておらず、実際に離婚後に支払ってもらっている事例は少ないとされています。

養育費は子供の権利であるため離婚成立後であっても養育費の調停を申し立てて相手へ請求することが可能ですが、離婚後の話し合いは難しくなってしまうでしょう。話し合いを十分にして合意をしないと養育費を払わない方法を与えることになってしまいます。

協議離婚の流れの中で財産分与や養育費について合意出来なければ離婚調停を申し立てます。

 
 
離婚調停を申し立てると家庭裁判所で調停委員を間に交えて話し合っていくことになります。

ここでは法律に基づいて話し合いが出来るため、夫婦の財産分与や子供のための養育費、離婚によって受けた精神的苦痛への慰謝料請求といった協議離婚で話し合うことが難しい内容について冷静に話し合うことが可能です。

 
 
離婚調停を申し立てると協議離婚に比べて離婚成立までの期間が数ヶ月ほどかかってしまうといったデメリットがありますが、一方で財産分与や養育費などしっかり話し合うべき内容まできちんと取り決めることが出来ることがメリットがあります。

夫婦間の話し合いで養育費について話し合えない場合には調停の申し立てを検討してください。

別居期間中の生活費の負担について、離婚調停で話し合えますか?

夫婦は婚姻期間中にお互いに生活を維持していくことが義務であり、経済状況や収入に合わせた生活費を分担しなければなりません。

夫婦が生活するために必要なさまざまな生活費や子供のための養育費などのことを婚姻費用と呼びますが、特に別居中の生活費である婚姻費用の負担について問題になりやすいでしょう。

 
 
婚姻費用をどう夫婦で負担するかは話し合いで決めることが一般的です。

もし話し合いで合意出来なければ家庭裁判所の調停で協議し解決を目指します。

婚姻期間中の生活費である婚姻費用の算定は経済状況やどれほどの財産があるかや子供の人数によって検討していきますが、婚姻費用には算出のための算定表があるため離婚調停だけでなく話し合いの時点から算定表を参考にすることがあります。

 
 
婚姻費用の協議が認められる期間は調停を申し立てたころから別居解消か離婚が成立するまでを請求出来るとされているため、別居期間中の婚姻費用を離婚調停中に請求することが考えられるでしょう。

離婚調停で婚姻費用の問題がある場合は財産分与の算定を決定する材料として検討されます。

相手は養育費を払わない方法がないかと考えているかもしれません。
ですから子供の養育費に関する約束も離婚調停で話し合いましょう。
 
 
結婚していても生活費である婚姻費用を負担しなかったり家庭内暴力から避難するために別居していたケースなどでは別居期間中も婚姻費用を負担すべきとして、収入が少ない側の生活費を支出することになります。

また、子供の養育費は離婚が成立して親権を持たなくても親としての子供に対する扶養義務はなくならないため、約束した金額と期間を守って支払い続ける必要があります。

Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です