毛穴が開かないように日頃からのケアが大切ですね

Pocket

年をとれば肌トラブルは増えていきますが、毛穴も放っておくとどんどん開いていってしまうので、日頃からしっかりと保水と保湿をすることが大切ですね。


年を取ると毛穴が開かないようにと悩む

お肌の悩みって、年齢を重ねるごとに増えていきますよね。

若い頃はせいぜい肌荒れといってもニキビに苦しむくらいでしょうけど、これが30代を過ぎた頃からシミやソバカスなどが段々と出てきて、シワも増えていきます。

顔もたるんできたりなどして、いかにも年をとってきたってなるくらいにはそこそこの年齢になっているでしょうけど、その前にまずは毛穴の開きに悩む女性も多いんです。

 
 
私も毛穴が随分と開いてしまっていて、日中エアコンにあたる機会が多いからそのせいかなって思うんですけど、やっぱり乾燥肌から毛穴が開くケースが多いみたいですね。

なるべく日頃から保水は心がけているつもりですが、それでもエアコンの乾いた風や強い紫外線を浴び続けることによって、肌からどんどん水分が逃げていってしまいます。

とても化粧水を朝と夜つける程度では、保水が追いつかないってことなのかもしれません。

 
 

毛穴が開きやすいのは小鼻の周りと頬のあたり

人によって顔のどの部分の毛穴が開きやすいかには差があると思いますが、多いのは小鼻の周りと頬のあたりですね。

特に小鼻の部分は毛穴が開くだけじゃなく、黒ずみも溜まりやすいのでいちごのような鼻になって嫌だって感じる人も多いみたいです。

ぶつぶつした毛穴の汚れや角質をとるためには、市販の毛穴パックが手軽でお勧めです。

しかし毛穴パックを使う際は、使用後にしっかりと保水をしないと毛穴が開きっぱなしの状態のままになってしまうので注意が必要です。

 
 

洗顔をするのに洗顔料は?

また肌がデリケートな人は、洗顔回数を増やしたり毛穴パックをしたりすると、刺激が強すぎて逆に肌が荒れてしまうなんて場合もあります。

毛穴の汚れは洗顔で落とすって考える人も多いかと思いますが、洗顔料を使って1日に何度も顔をごしごし洗えばいいというものではありません。

洗顔回数が多ければ多いほど、肌の表面膜を破壊してしまっている可能性があるので、折角の水分をさらに外に逃がしてしまう恐れがあるんです。

 
 
毛穴の汚れを落とすには、適度な洗顔で肌表面を清潔に保ちつつ、黒ずみ除去などが期待できる美容液などを使って綺麗に落とすのがよさそうです。

また洗顔料も刺激の強いものではなく、低刺激のものや天然由来成分でできたものを使うといいでしょう。

たとえばクレイ洗顔料などはお勧めですね。

使用後は肌がしっとりとまとまりながら、毛穴の汚れなどをしっかりと落としてくれるんです。

 
 

肌年齢を若く保つために、日々のスキンケアは絶対に必要

しかしどれだけ頑張って毛穴ケアをしても、やはり年齢には敵わないというのが現実です。

若い頃はちょっとのケアですぐにお肌が綺麗になりますが、年をとると毎日のケアだけでも肌は弱っていきます。

荒れやすくなり乾燥肌になるパターンが、一般的に多いですね。

 
 
若い子には絶対に勝てませんが、少しでも肌年齢を若く保つために、日々のスキンケアは絶対に必要です。

保水をしたらすぐに保湿、これだけを守るだけでも結構違います。

そして保水がしっかりとできていれば、毛穴もきゅっと引き締まった状態を保てますし、毛穴が引き締まれば汚れが奥に溜まりにくくなるので黒ずむこともなくなります。

Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です