自己破産と持家と賃貸の家賃と生活保護について。連帯保証人になっている場合は?

Pocket

自己破産すると、持家、抵当、賃貸の家はどのようなことになるのでしょうか。
自己破産をする際、生活保護をを受けることはできるのかといったことで疑問があります。
かが自己破産をして、連帯保証人となっている場合、どのような責任を負うことになるのでしょうか。


自己破産と持家と抵当と家賃について

自己破産することによって、さまざまなものが没収されてしまいます。

自己破産すると財産や資産が没収されてしまい、限られた財産しか残らなくなってしまいます。

 
 
住んでいるところが、持家、抵当、賃貸などであることがあるかとおもいます。

持家、抵当、賃貸によって自己破産した時の対応が違ってくるものです。

 
 
自己破産で、持家は没収されてしまいます。

自己破産によって手元に残る財産は99万円以上で、それを超える財産の場合は没収されるので持家は退去することになります。

 
 
賃貸の場合、家賃は滞納している場合が多くあります。

家賃の滞納をしている場合、他の支払いをしているということが挙げられます。

 
 
賃貸の場合、自己破産することによって家賃は帳消しとなります。

家賃が帳消しになったとしても、住みづらいため、ほとんどの場合転居ということになるそうです。

 
 
家賃滞納をしていない限り、賃貸借契約は解除されません。

しかし、家賃を滞納しているというパターンが多いということですので、転居が多くなります。

 
 
最後に抵当の場合があります。

抵当の場合は、銀行などが抵当権をもっています。

自己破産をすると、住宅ローンの支払いが帳消しになります。

 
 
自己破産によって、家財なども没収されてしまうのではないかというイメージがあります。

しかし、必要な家財は没収されないようになっています。

 
 
自己破産によって家の処分はそれぞれ決まっているのです。

自己破産と生活保護について

自己破産をこれからしようという場合があると思います。

借金が返せなくなったなどの理由によって自己破産に踏み切ることがあるかと思います。

 
 
なんらかの事情があり、生活保護を受けることになる場合があります。

例えば、病気をしてしまったなどの場合で仕事が行えない時に生活保護を申請します。

 
 
生活保護で受けることができる金額というのは、月に10~15万となっています。

生活保護は、仕事ができるようになった時点で終わります。

 
 
生活保護を受けていて自己破産をすると、すべて免責になるという話があります。

そのため、自己破産を行う前に借金をさらにしてしまうのはどうかと考える人もいます。

 
 
しかし、自己破産前の借金は免責が降りない場合があります。

そのため、自己破産を行う前には借金をさらに増やすということは避けるようにします。

 
 
自己破産前に詐欺罪となるものはさまざまなものがあるので注意が必要です。

たとえば、自己破産前の借金もそうなのですが、持っている財産を他人の名義にするということも当てはまります。

 
 
自己破産の費用が気になるかと思います。

自己破産の費用としては、弁護士に頼むと30万円から60万円かかります。

弁護士に頼らないという方法もあります。

 
 
借金がある際に生活保護を受けることは難しいです。

そのため、免責になってから生活保護を申請します。

 
 
自己破産するまえに借金はしないことです。

連帯保証人になっている場合の自己破産

自己破産をすると、自分の借金は0ということになります。

自己破産はメリットがある一方で、さまざまなデメリットもあります。

連帯保証人になっている場合など、どのような影響があるのかについてまとめました。

 
 
誰かが連帯保証人になっている場合、その人には多大な迷惑がかかることになります。

自己破産をすると、本人の借金はなくなりますが、その分、連帯保証人に対して請求されるようになります。

 
 
連帯保証人である自分が自己破産するということがあります。

その場合、契約の内容によって、自己破産した際の影響というものがどのようになるかが決まってきます。

 
 
連帯保証人になっている場合、自分が自己破産したという情報は、知られてしまうのかということが気になります。

信用調査などを行うことによって、こうしたことはすぐに判明します。

 
 
自己破産したという際、連帯保証人も共に自己破産することが多くあります。

このことによって、連帯保証人は信用を失う結果となってしまいます。

 
 
知らないうちに借金の保証人となっている場合があります。

保険証が勝手に使われていたという場合です。

この場合、名義の無断使用となっているので支払う必要はありません。

 
 
保険証はしっかりと管理する必要があるといえます。

業者にしっかりと話す必要がありますが、話を聞き入れてもらえないようなら、債務不存在確認訴訟を提起することです。

 
 
自己破産するという場合には、必ず保証人とよく話し合う必要があります。

 
 
自己破産する場合、連帯保証人には迷惑がかかるということはいえます。

 
 

Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です