加齢臭の原因、活性酸素と肉食。では汗かきについては?

Pocket

加齢臭の原因のひとつには活性酸素があります。
活性酸素による酸化を防ぐことが加齢臭を改善することにつながります。
また、肉食中心の食生活も加齢臭を引き起こします。
加齢臭と汗かきにはどのような関係があるのでしょうか。
加齢臭である上に汗かきであるという場合もあるかと思います。


加齢臭の原因、活性酸素と肉食

加齢臭というのは、40代から目立ち始める体臭のひとつです。

この加齢臭の原因は、ノネナールという物質が原因とされています。

ノネナールを生み出すのは活性酸素と呼ばれるものです。

 
 
活性酸素というのは、過酸化脂質を増加させるはたらきがあります。

このことによって、ノネナールが発生するようになります。

 
 
活性酸素を防ぐためには、抗酸化作用のあるものを含む食品などを摂取するとよいとされています。

抗酸化作用のあるものとしては、ビタミンCを含む食品などがあります。

 
 
このように、加齢臭の原因となる活性酸素を防ぐために食生活を見直すことも大切です。

最近は、食の欧米化が進んでおり、肉食中心の傾向がありますが、肉食中心の食生活も加齢臭を引き起こす原因ともいわれています。

 
 
肉食に含まれる脂質は、酸化しやすいものです。

そのために、活性酸素を大量に生み出す原因となっているのです。

肉食が食卓で目立つという加齢臭の方の場合、肉食中心の食生活を見直すことで加齢臭が改善されるかもしれません。

 
 
このように、加齢臭を食品など、内部からによって改善していくという方法もあるわけです。

加齢臭を例えば石鹸など外側から改善していくという方法もありますが、身近な食生活でも見直すべき点はあるのです。

 
 
加齢臭は、ノネナールのほかにも原因が解明されています。

ライオンの研究では、ペラルゴン酸が加齢臭の原因となっているということが明らかになっています。

 
 
この物質が発生する原因も、皮脂の酸化が原因です。

皮脂を酸化させないためにも、上記のような対策は必要であるといえます。

 
 
加齢臭対策はこのようにさまざまなものがあるのです。

加齢臭と汗かきについて

加齢臭は、年齢とともに気になることが多くなるものです。

加齢臭の原因というのは、加齢とともに発生するノネナールという物質です。

 
 
また、活性酸素も原因のひとつとされます。

活性酸素というのは、簡単にいうと体を酸化させる作用のあるものなのですが、この活性酸素によっても加齢臭が引き起こされるのです。

 
 
体臭は、加齢臭のほかには汗かきであることによっても発生します。

加齢臭と汗かきは基本的には関係のあるものではありません。

 
 
しかしながら、加齢臭に汗かきを併発してしまうと体臭が激しくなってしまい、周囲の目を気にしてしまうという場合もあります。

その場合、なんとかして汗かきと加齢臭を改善できないかと思うかと思います。

 
 
加齢臭がもともと気になっていたが、指摘などを受けたことがきっかけで人の目が気になるようになり、結果緊張し汗もよくかくようになったという場合もあります。

 
 
この場合の汗かきは、緊張が原因といえるでしょう。

そのため、緊張をなくせば汗は改善するかと思われますが、自分の加齢臭を気にせずマイペースに振舞うということはなかなか難しいものがあります。

 
 
一方、温度などの原因によって汗かきとなってしまう人もいるかと思います。

人より熱く感じやすいという人は同じ環境であっても人より汗をかいてしまうものです。

 
 
加齢臭の原因は、ノネナールという物質であるということが特定されています。

ノネナールの除去は、石鹸などである程度改善することが可能です。

 
 
しかし、加齢臭と汗かきは難しい問題なのです。

Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です