原付自転車の自賠責保険の解約金についてと解約はどのようにするか

Pocket

原付自転車の自賠責保険の解約金はどのくらいになっているのでしょうか。

原付自転車の自賠責保険の解約金についてまとめました。

原付自賠責保険を解約しようとするときには、どのような手続きをすればよいのでしょうか。


原付自転車の自賠責保険の解約金について

原付自転車となると、自賠責保険の加入が必須となっています。

自動車、バイクなどは公道で走るために自賠責保険の加入が必須となっています。

 
 
原付自転車の自賠責保険を解約するということがあるかと思います。

自賠責保険を解約すると、解約金が戻ってくる場合があります。

解約金は返戻金ともいわれます。

 
 
手続きは、各損害保険会社の窓口で行うことができます。

または、電話、郵送となります。

自賠責保険の解約には必要な書類がさまざまあります。

 
 
原付自転車の自賠責保険の有効期間が余っているという場合があります。

自賠責保険を解約する際に、保険期間が一ヶ月以上余ると、解約金が戻ってくることになります。

 
 
原付自転車などは、簡単には解約ができないようになっています。

必ず加入しなくてはならない保険であるため、解約は難しくなっているのです。

 
 
自賠責保険に加入する手続きは簡単にできるようになっています。

原付自転車の自賠責保険の加入には、コンビニやインターネットが使用可能でお得です。

 
 
自賠責保険解約に必要なものがあります。

自賠責保険承認請求書、自賠責保険証明書、廃車が確認できる書類、保険契約者本人の確認書類、印鑑、バイクなら保険標章です。

 
 
原付自転車を個人売買することがあるかと思います。

販売店などでは自賠責の手続きが行えますし、コンビニやインターネットでも手続きが行えます。

 
 
解約についてわからないことがあったらカスタマーセンターにお問い合わせしましょう。

原付自賠責保険の解約はどのようにするか

原付自賠責保険は、加入が必須であり、コンビニやインターネットなどでも加入することが可能となっています。

自動車などもかならず加入する必要があります。

 
 
原付自賠責保険を解約するということがあるかと思います。

原付自賠責保険は加入が義務となっているので、解約は、簡単にはできないようになっています。

 
 
原付自賠責保険を解約するには、一定の条件が必要となってきます。

たとえば、原付を廃車、登録抹消するというときに、自賠責保険は解消することが可能となっています。

 
 
原付自賠責保険を解約すると、保険料が戻ってくることがあります。

保険期間が1ヶ月以上あることによって解約金が支払われることになっています。

 
 
解約する際に必要となる書類があります。

自賠責保険承認請求書、自賠責保険証明書、廃車が確認できる書類、本人確認書類、保険標章などが必要となってきます。

 
 
ところで、原付自賠責保険は、有効期限が切れているということもありえます。

車検がないので、原付自賠責保険が未加入のままであるということがあります。

 
 
自賠責保険に未加入であったり有効期限が切れていると罰則があります。

懲役一年以下、または、罰金50万円以下の罰則があります。

 
 
原付自賠責保険を解約するにあたって、わからないことなども出てくるかと思います。

その場合は問い合せてみることが必要となります。

 
 
原付自動車の自賠責保険は有効期限が切れると自動的に解約となります。

そのため、有効期限はしっかりと確認します。

Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です