バイクの自賠責加入率とネット加入とクレジットカードについて

Pocket

バイクの自賠責加入率というのは、どのくらいあるものなのでしょうか。

任意保険だけではなく自賠責保険にも加入していないバイクもあるそうです。

バイクに乗っている人は、自賠責保険に加入しなければなりません。

自賠責保険は、ネット加入をすることについてまとめました。


バイクの自賠責加入率について

バイク、自動車の自賠責保険の加入は必須です。

自賠責保険は、必ず加入しなければいけないことから、強制保険といわれています。

 
 
バイク、自動車は、自賠責保険に加入していないと罰則があります。

懲役一年以下、罰金50万円以下です。

また自賠責保険未加入の場合にも罰金30万円以下があります。

 
 
実際のバイク、自動車の自賠責加入率が気になります。

自動車やバイクの自賠責加入率というのは100%ではなく未加入である場合があります。

自賠責保険加入率は2、3割ということになります。

 
 
バイクの場合、任意保険の場合の加入率は少ないそうです。

自動車の場合、7割が加入しているそうですが、バイクは7割が未加入で走っているのです。

 
 
250cc以下のバイクには、車検がありません。

そのため、自賠責保険を更新せず、期限切れということになってしまうことが多いのです。

 
 
また、バイクが自賠責保険未加入の理由はそのほかにもさまざまなものがあります。

経済的な余裕がないことや、自賠責保険のことについてよく知らないという場合があります。

 
 
バイクの自賠責保険の有効期限は、しっかりと調べておくことが必要といえます。

自賠責保険のステッカーをよく確認することが必要です。

 
 
自賠責保険に加入せず人身事故を起こしてしまう場合があるかと思います。

その場合、もともとは自賠責保険から支払われるものが、自己負担となります。

 
 
バイクの自賠責保険はしっかり加入、更新しましょう。

自賠責保険の未加入が発覚すると免許停止処分となってしまいます。

バイク自賠責保険のネット加入とクレジットカードについて

自賠責保険というのは、バイクや車に乗っている人が必ず加入しなければならない保険のことです。

必ず加入しなければいけないことから、強制保険と呼ばれます。

 
 
バイクなどの自賠責保険は、ネット加入することが可能となっています。

セブンイレブンなどのコンビニエンスストアのマルチコピー機などでも加入を受け付けています。

 
 
バイクの自賠責保険は、クレジットカードで支払うことができるのかどうかということが気になります。

ネット加入する際に、クレジットカードで支払うことが可能となっています。

 
 
自賠責保険は、必ず加入しなければならないもので、加入しないと罰則があります。

懲役1年以下、または50万円以下の罰金となっています。

 
 
自賠責保険の補償は、対人事故の被害者のみに適用されます。

対物事故であったり、バイク運転手の負傷などには自賠責保険は適用されないようになっています。

 
 
補償額には限度があります。

たとえば、傷害による損害の場合には、120万円が上限となっています。

 
 
ネット加入する上で、あらかじめ用意しておくものがあります。

自賠責保険証明書、軽自動車届出済証または標識交付証明書、ご契約者本人のクレジットカードとなっています。

 
 
ネット加入するうえで、クレジットカード以外での支払い方法というのもあります。

クレジットカードでなければ銀行振込などがあります。

 
 
自賠責保険に加入するメリットとしては、手軽であるという点が挙げられます。

Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です