バイクの自賠責保険の新規加入と自賠責保険証明書を持ち歩く

Pocket

バイクなどは、自賠責の加入が必須となります。

バイクの自賠責の新規加入をする場合、どういったところでおこなえるのでしょうか。

バイク、自動車などは必ず自賠責保険証明書を持ち歩く必要があります。

バイクで自賠責保険証明書を持ち歩くのは問題ないことなのでしょうか。


バイクの自賠責保険の新規加入

バイクなどで公道を走る際には、自賠責の新規加入が必要です。

自賠責保険は、バイク、自動車を走る場合には必ず必要なもので、強制保険ともいわれています。

 
 
自賠責保険に新規加入する方法としては、さまざまな方法があります。

自賠責の新規加入は、損害保険会社や、車、バイクの販売店などで取り扱っています。

 
 
バイクの自賠責保険で気をつけるべきことがあります。

車検のないバイクは自賠責保険の有効期限が切れたことに気づきにくいものであるため、注意が必要です。

 
 
自賠責保険に加入しないと、罰則があります。

自賠責保険に入っていないことで、懲役一年以下、または罰金50万円以下となっています。

 
 
また、自賠責保険証明書は持ち歩くことが義務付けられています。

もし、バイクなどで自賠責保険証明書を携帯していないと、罰金30万円以下となってしまいます。

 
 
自賠責保険は新規加入するほかには名義変更、解約などをしたいという場合があると思います。

名義変更や解約をするという場合、さまざまな手続きが必要となってきます。

 
 
中古のバイクなどを購入する際、自賠責保険が前の所有者のままである場合があります。

そのため、名義変更が必要となってきます。

 
 
自賠責保険の解約は、厳しく制限がかけられています。

自賠責保険の加入はコンビニなどでも行えますが、解約は保険会社の窓口などで行うことができます。

 
 
バイクの自賠責保険更新は忘れないようにしましょう。

バイクの自賠責保険証明書を持ち歩く

自賠責保険は、必ず加入しなくてはならないものです。

自賠責保険に加入しているかどうか証明するため、自賠責保険証明書は、バイク、自動車などでは必ず持ち歩かなければなりません。

 
 
自賠責保険証明書を必ず持ち歩いていないと、罰則があります。

自賠責保険証明書の提示を求められたとき、提示できないと、30万円以下の罰金があります。

 
 
バイクで自賠責保険証明書を持ち歩く際に、盗難などが心配になることがあります。

盗難が心配になって、持ち歩かずに自宅保管などをする場合があるかもしれません。

 
 
自賠責保険は提出を求められることがあります。

事故にあった時などに、自賠責保険の提出が必要となってきます。

 
 
自賠責保険をバイクで持ち歩く際、コピーを持ち歩くという場合があります。

コピーを提出すると、本来ならコピーではなく本物の自賠責保険証明書の提出が必要といわれます。

 
 
自賠責保険証明書が盗難されたといったことや、紛失してしまうことがあるかもしれません。

自賠責保険証明書が盗難されても、再発行ができます。

 
 
自賠責保険のステッカーも盗難されてしまうことがあります。

自賠責保険のステッカーは盗難されてしまうと、保険会社で再発行してくれます。

 
 
自賠責保険のステッカーの再発行に費用がかかるかということが気になります。

自賠責保険のステッカーは費用はかかりません。

 
 
自賠責保険証明書を持ち歩くときは、盗難等に注意する必要があります。

Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です