バイクと自賠責保険について。自賠責が不所持の場合は?

Pocket

バイクに乗っている場合、自賠責保険に加入しなければなりません。

バイクに乗っている場合自賠責保険に加入しないと、さまざまな罰則があります。

自賠責保険は、携帯していることが必須となっています。

自賠責保険を不所持の場合には、どのようなことがあるのでしょうか。


バイクと自賠責保険について

バイクに乗っているという場合、自賠責保険に加入する必要があります。

自賠責保険は、自動車損害賠償責任保険の略称です。

原付やスクーターなどに乗っている場合に加入します。

 
 
自賠責保険には必ず加入しなければいけないため、強制保険とも呼ばれています。

自賠責保険に加入しないと、車検を受けられなくなるといったことがあります。

 
 
バイクといっても、自賠責保険に加入しなくてもよいこともあります。

公道を走る場合は必ず加入しなければいけませんが、そうではない場合には加入する必要がないこともあります。

 
 
バイクで公道を走る際、自賠責保険に加入していないとさまざまな罰則があります。

懲役一年以下、または罰金50万円以下、違反点数6点などがあります。

 
 
自賠責保険に加入していなかったために、一発免停となることもあります。

違反点数6点というのは、違反歴がなくても一発免停となるものです。

 
 
バイク事故で、加害者が自賠責保険未加入である場合があります。

また期限切れであるという場合もあります。

その場合でも、自動車損害賠償保障事業から保証が受けられます。

 
 
バイクの自賠責保険は、被害者のみが対象となる保険となっています。

そのため、対物事故や、バイクの運転手の死傷については保証されないものとなっています。

 
 
バイク自賠責保険の名義変更をしなければいけないときがあります。

バイクを売ったり、他人に譲るといった場合です。

 
 
バイク自賠責保険の名義変更や、解約などはさまざまな書類が必要となってきます。

バイクの自賠責が不所持の場合

バイク、自動車に自賠責は必須のものです。

自賠責保険は、必ず加入しなければならないものです。

このことから、自賠責保険は強制保険といわれています。

 
 
自賠責保険証明書は、バイクや車に積んでおく必要があります。

提出が求められることがあります。

そのときに不所持ではいけないのでしっかり提出することができるようにしておきます。

 
 
バイクで自賠責保険証明書を所持する場合、盗難等が心配になることがあります。

実際に、バイクで自賠責保険証明書を盗難されたということがあったそうです。

 
 
自賠責保険証明書のコピーを所持するという場合があります。

これは、提出を求められたとき咎められたが、事情を話すと理解を得られたということがあったそうです。

 
 
バイクの自賠責保険証明書不所持であったことによって、免許の点数に影響があるのかということが気になります。

不所持であっても、点数自体には影響はありません。

 
 
不所持ではなく、未加入であるという場合があります。

未加入の場合、不所持であることよりも重い罰則があるので注意が必要です。

 
 
まず、罰金があります。

罰金は50万円以下です。

または、懲役1年以下となります。

不所持であるという場合には、罰金が30万円以上となります。
 
 
250cc以下のバイクの場合には、車検がなく、未加入であるということや、期限切れとなっている場合が多いです。

その場合でも罰則があるので注意です。

 
 
バイクの自賠責保険証明書は、事故のときなどに提出が必要です。

Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です