流産の種類と原因は?流産後の妊娠活動については?

Pocket

流産というのは、妊娠22週未満までに妊娠を継続することができなかったことです。

このようになる原因は赤ちゃんに染色体の異常があったり、先天性異常があることによっておきてしまうのです。

流産後の妊娠活動はいつからなのでしょうか。

それは、生理周期から判断して決まります。

病院で処置をした後でしたら、生理周期を1度見送れば、妊娠活動を開始することができるのです。

詳しくは病院の先生に相談してみてください。


流産の種類と原因

流産は妊娠をしてから22週未満まで妊娠を継続することができなかったことをいいます。

この流産が起こってしまう原因としては、赤ちゃんが染色体異常であったり、先天性異常があることだと言われています。

しかし、このような原因はよくあることなので、女性に原因があったというわけではないのです。

 
 
ですが、流産を3回以上繰り返してしまう場合は、習慣流産といわれています。

そのため、母体にも何らかの原因があると言われているのです。

よって、検査が必要となってきて、そこから流産の原因を探ります。

近年、生活習慣や食習慣が乱れがちであり妊娠や出産する体になりにくい女性が増えてきているのです。

よって、子供が欲しければ出産できる体作りをしていくことが大切なのです。

 
 
また流産には種類があります。

それは、切迫流産、稽留流産、化学流産、進行流産、完全流産、不全流産に分けられます。

こんなにも流産の種類があって驚く人もいるかもしれません。

このようになってしまう原因として共通していえることがあります。

それは、ホルモン関係です。

胎盤を整形するホルモンが不足していることやホルモンの反応が悪いというときに、妊娠を継続することができなくなってしまうのです

 
 
このように、流産にはたくさんの種類があり、その原因で共通していることはホルモンの関係によるのです。

流産をすることは女性にとってとても辛い経験となってしまいますが、1回の流産の多くは女性に原因があるわけでありませんので、次の子作りに励んでもよいと思います。

そのときに、妊娠しやすい体作りをすることをおすすめします。

流産後の妊娠活動について

流産後の妊娠活動について疑問を持つ人も多いでしょう。

流産後の妊娠活動というのは、生理周期から判断すると言われています。

そのため、病院で処置をした後に、生理周期を1度見送ります。

そうすることによって、流産後であっても妊娠活動を開始することができるのです。

不安な人は病院の医師に相談してみるとよいかもしれません。

 
 
では、どうして流産後の妊娠活動は一度生理周期を見送るのでしょうか。

それは、流産後に処置をした子宮内に微量の細胞などが残っている可能性があるからです。

そのため、これらを一度生理で体外へ排出することが大切なのです。

これを行わないと残っている細胞などが次妊娠した時に胎児の発育に影響を与えてしまうのです。

 
 
そのことによって、流産後の妊娠は再び流産をしてしまう可能性を高めてしまうのです。

よって、生理周期1回分が子宮内の清掃だと思った方がよいでしょう。

子宮内がクリーンな状態になることで、妊娠しやすい体になることができるのです。

医師によっては生理周期を2~3回見送った方がよいという人もいます。

これは確実性をとっていると思いますので、医師の判断に従った方がよいでしょう。

 
 
このように、流産後の妊娠活動というのは、一度生理周期を見送らないといけません。

そして、子宮内を清掃することが大切なのです。

もし、子宮内に細胞などが残っているとまた流産をしてしまう可能性があるので、急がず妊娠できる体に戻るまで待ちましょう。

そして、また新たな気持ちで妊娠活動を再開してください。

Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です