二人目を妊娠したい人は?早く二人目を妊娠しないかなと思ったら・・・

Pocket

二人目を妊娠したいけれど、なかなか妊娠しない人も多いと思います。

出産は3年あいてしまうと初産と同じであると言われています。

そのため、第一子を出産してからあまり間を開けずに次の妊娠を考えた方がよいでしょう。

しかし、育児で忙しくホルモンバランスを崩したり、夫婦の時間が減ったりするので、前のようにうまくいかないことが多いようです。

よって、夫婦で話し合って二人目をどうするか話し合うことが大切です。


二人目を妊娠したい人は

第一子を出産し、二人目の妊娠を考えたりすることがあります。

しかし、二人目の妊娠に取り組んでもなかなか妊娠することができない人も多いでしょう。

このような人は二人目不妊と言われます。

また、出産から3年あいてしまうことによって初産と同じ扱いになってしまうのです。

つまり、第一子を出産してあまり期間を開けずに次の妊娠を考えた方がスムーズにいくというわけなのです。

 
 
では、二人目を妊娠したいときに注意しなければいけないことはあるのでしょうか。

それは、加齢による問題です。

35歳前に一度出産を経験しているのでしたら、身体がお産をした経験を覚えているため、産道は柔らかい状態なので、二人目の出産の方が楽であると感じる人が多いようです。

しかし、加齢により35歳を過ぎてくると高血圧や糖尿病などのトラブルが起こりやすくなり、二人目を妊娠することによってマイナートラブルが増えます。

 
 
また、お産をできる女性の体には必ず卒業式というものがあります。

それは、いつか産めなくなる日がやってくるということです。

40歳を過ぎるころから生理が不順になり、閉経してくる人も増えてくるのです。

閉経してしまうともう妊娠をすることができなくなりますので、二人目が欲しい人は年齢を重ねる前にきちんと計画を立てて出産をしてください。

 
 
このように、二人目を妊娠したい人は計画的に子作りを開始するべきです。

3年以上あけてしまうとまた一からの育児が始まり、育児の経験を少し忘れているため初産と同じ扱いとなります。

また、身体は出産をしたことを覚えているのでお産は二人目の方が楽だと思います。

そして、年齢を重ねるごとに妊娠はしにくくなりますので、産みたい人は早めに計画を立てるべきなのです。

早く二人目を妊娠しないかなと思ったら

第一子を育てている中、早く二人目を妊娠しないかなと思う人は多いようです。

一人っ子よりも兄弟がいたほうがよいと考える人は多いです。

しかし、育児で忙しいこともあり、ホルモンバランスが崩れることがあります。

そして、夫婦の時間が減ったりもするため、前のように二人目を授かることが難しくなっているのが現状です。

そのため、早く二人目を妊娠しないかなと思うのであれば、夫婦できちんと話し合いをすることが大切なのです。

 
 
一人目というのは妊娠することに対して悩むことはなかったという人が多いです。

しかし、二人目になるとなかなか妊娠することができないと思う人が多いです。

早く二人目が欲しいのにどうして妊娠しないだろうと疑問に思うでしょう。

そして、不妊症なのではないかと不安になってしまう人もいます。

 
 
二人目がなかなか授かることができない理由としては、1人目を出産した時に何らかのトラブルがあると二人目を妊娠しづらい体になってしまうことがあります。

それは、大量出血などがあったり、産後に感染症にかかってしまうという不妊につながることがあると妊娠することが難しくなってしまうのです。

 
 
また、晩婚化が進んでいるため妊娠しにくい体になってきているのも現状です。

女性は30歳を過ぎることで出産に対する機能が低下してしまうのです。

よって、子供は早いうちに授かることが望ましいということになります。

このように、早く二人目を妊娠しないかなと考えた時は、夫婦で話し合って今後どのような取り組みをしないといけないか明確にすることが大切なのです。

Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です