ガーデニングで花かんざしを楽しもう!お世話は?7月は何をする?

Pocket

ガーデニングをしている人で花かんざしは大変人気があります。

花かんざしをまだ育てたことがない人は育て方をチェックしておくとよいですよ。

なお花かんざしの開花時期は2月から5月なので、7月あたりは花がなく寂しい状態となります。

でも、秋は植え付けや植え替えの時期がくるのでそれまできちんと管理をしましょう。

今回は花かんざしの基本と育て方をご紹介していきます。


ガーデニングで花かんざしを楽しもう

花かんざしというお花を見たことがありますか?ガーデニングを楽しんでいる人はその魅力に取りつかれている人も多いですよね。

白くて小さい花が咲きとても可愛らしいのが魅力的です。

花かんざしはガーデニングをしている人に大変人気があり、基本的には一年草ですが、育て方が上手な人は多年草にすることができます。

よって、自分の腕が試されるというわけなので、どんどん花かんざしの魅力にハマる人が多発するのです。

 
 
まだ、花かんざしを育てたことがない人は一度花かんざしの育て方をチェックするとよいです。

初心者ですと難しくて自分にはできないと感じるかもしれませんが、1度育ててみるとその魅力に取りつかれてしまいますよ。

種まきをしなくても苗を購入すれば初心者でも育てていくことができます。

その際に、注意点をきちんと守れば開花時期は十分に楽しむことができるでしょう。

 
 
花かんざしはどうしても日本の気候で高温多湿が苦手なので、初夏まで楽しんだら十分と言えます。

しかし、一年草として苗を購入するには少し高いと感じる人も多いですよね。

だったら、多年草として育ててみる努力をしてみるのも楽しいかもしれませんよ。

夏越えが大変難しいですが、お花に適した気候を保ってあげると多年草として来年、またきれいな花をさかせてくれる可能性が出てきます。

 
 
よって、諦めずに花かんざしを多年草として育ててみてはいかがでしょうか。

ガーデニング初心者なら難しくて一年草として諦めるかもしれませんが、ある程度ガーデニングをしてきて知識もあるなら、自分の腕を試すチャンスとも言えます。

そうすることで、自信もつきますし、大好きな花かんざしをもっと楽しむことができます。

花かんざしのお世話:7月は何をする?

花かんざしはとても小さくて白い花が魅力的です。

基本的には一年草と考えなくてはいけないので、開花時期が過ぎてしまうと処分してしまう人も多いと言えます。

花かんざしの開花時期は2月から5月です。

なので、7月あたりの夏はどうしても魅力を感じなくなってきますよね。

とはいえ、秋になれば植え付けや植え替えの時期がやってきます。

そのため、大切に管理してください。

 
 
なぜなら、花かんざしは基本的に一年草と言われていますが、育て方によっては冬越ししてまた来年花をつけてくれる可能性があります。

そのため、7月から真夏はとてもつまらない状態が続いているかもしれませんが、きちんとお手入れをしてあげることによってまだまだ花かんざしを楽しむ可能性があるといえるのです。

 
 
花かんざしの特徴といては寒さに強くても高温多湿に弱い花です。

よって、夏越えができなく初夏まで楽しむしか方法がありません。

とはいえ、終わった花をまめに積んであげれば脇芽が出るため小さな花がまた咲いてくれたりします。

よって、花が一通り咲き終わった7月あたりから、切り戻しをしてあげましょう。

切り戻しをすることで脇芽が栄えてくれ、さらに花を咲かせてくれる確率があがるのです。

 
 
切り戻しの方法は地表から10cmから15cmほど残してあとはカットします。

葉っぱが残るように切り戻しをして、風通しをよくしてあげるのです。

高温多湿の対策をするとさらに長持ちをする確率があります。

よって、花かんざしの特徴を知っていれば、一年草ではなく多年草として楽しむことが十分に出来ると言えます。

花かんざしは中級者向けですが一度チャレンジしてみるのもよいですよ。

Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です