結婚式余興で歌うのは上手いならいいが下手なら?子供なら?

Pocket

結婚式には余興という楽しみがあります。

余興として歌を歌うのは、多くの結婚式で行われます。
しかし、歌を歌って『良かった』と言ってもらえる
余興がどれだけあるでしょうか?

どうして良い余興にならないのでしょうか?


結婚式の余興で歌を歌うのはポピュラーですが選曲が問題!

結婚式の余興に歌を歌うことで勘違いをしてはなりません。

プロでないあなたが歌を歌うのは
あなたの”上手い”歌を皆に聞かせるためではありません。

歌は新郎新婦と親族にお祝いをするためであり、
また参加者一同を楽しませるためです。
 
 
 
ですから、まず選曲を間違えないでください。

新郎新婦だけがわかる曲を選ぶのは
よほどの思い入れが、新郎新婦にある場合だけであって
あなたの思い入れがあっても駄目です。

普通は親族や他の参加者もわかるように
皆が知ってる曲を選ぶ方がいいのです。

自然に口ずさめるような曲なら、皆が楽しめます。
 
 
 
そして、もちろん内容や歌詞が不適当な歌は避けましょう。

例えば「なごり雪」は好きな曲ですが
別れの曲を結婚式に相応しくないと思いますね。
 
 
ちなみに、内容はいいが歌詞の中に死とか離れるとがある場合
替え歌にして歌という方法はあります

例えばウルフルズの「バンザイ」の中に「死ぬまでハッピー」を
「いつまでもハッピー」として歌います。
 
 
 
また歌手自身の印象が良くない場合もあります。

例えば玉置浩二さんの結婚歴を考えると
結婚式に相応しくないと思う人がいます。

 
 
 

ちなみに、歌うのにカラオケで伴奏をしてもらうことを考えるのなら
事前に新郎新婦に用意されているのかを確認をしましょう。

最近の結婚式場にはカラオケセットは無い会場が多いと思います。
ですから、ご自分でCDやMDを用意するようにした方が無難です。

余興の歌が上手い人はいいが下手な人は駄目?

余興の歌が上手いのがいいのか下手なのがいいのか?
と言われたら、上手いに決まっていると思うかもしれませんが
現実には上手いか下手かは、歌って喜ばれるかにはほとんど関係はありません
 
 
そもそも結婚式の余興ですから、プロの歌でない限り
セミプロでも”上手に歌う”ことをそれほど期待はされていません。

余興とは皆で楽しむことが大事なのですから

一生懸命に振り付けで踊ったり
結婚を祝う気持ちがこもっていたり
みんなで歌って盛り上がったり
曲自身が新郎新婦に合っていたり

することが披露宴を盛り上げるでしょう。
 
 
上手い人が、得意になって歌う姿を見て喜ぶ人は少ないです。

むしろ音痴が必死で新郎新婦のために歌う姿が
親族も、それをわかって喜んでくれたりします。
 
 
確かに、参加者の中には歌を聞いて

「人前で歌うレベルではない」

などと酷評する人もいるかもしれませんが、
全員がそうではなく、逆に

「頑張って!」

と応援をしてくれる人もいます。
 
 
あるいは、隣の人とお喋りに夢中になっていて
まったく聞いてない人が多いかもしれません。

しかし、そもそも素人が歌うのですから

  プロはお金をもらって歌を聞かせますが
  素人はお金を払って聞いてもらう

ものですから、上手いか下手を気にしないでいいです。

それに自分が下手ならば、次に歌う人が
安心して歌えますから、むしろ喜ばれる
こともあります。(笑)
 
 
 
ですから、もしあなたが上手いのに下手な人と一緒に歌うことになっても

むしろその人の音痴を活かして笑いを呼ぶ余興にするくらいの考えがいいです。
 
 
 
なお、特に要求がない限り歌う曲は1つだけです。

もし、歌うのが下手で辛いのなら1番だけでもいいのです。
事前に(音痴をネタにしたりして)軽いスピーチをして
5分間程度に収めるようにしましょう。


結婚式の余興で歌を子供が歌うというのはどうでしょうか?

結婚式で子供が花をあげたりすることを頼まれますが、
時には『余興に何かやって欲しい』と言われたら
歌を歌うことを考えませんか?

子供が歌を歌う姿は微笑ましいものではありますが
幼稚園や保育園、あるいは小学校の行事のように
子供が主役であるのと結婚式の余興は違います。

結婚式の主役は新郎新婦です
 
 
親にすれば自分の子供が歌うのは誇らしく思い、嬉しいでしょうが
他人は幼い相手だから可愛い、微笑ましいと思うからいいのであって
歌自身を聞くことが素晴らしいわけではありません。

ですから当然、歌うのは1曲だけですし、
それも短い曲を選んだほうがいいです。
 
 
 
また子供と一緒に出ようとする親がいますが
それもしないようにしましょう。

子供だけでするから、見ていられるのです。
親子コラボなどで出しゃばるとみっともないです。
多くの場合、愚かな親と非難されます。

まとめ

結婚式の余興で歌を歌うのは大いにしましょう。

たとえあなたがひどい音痴であっても
二人の結婚を祝う気持ちをしっかりと持って歌えば
真心は通じますから、勇気を持ってしましょう。

ただし、選曲は慎重にしましょうね。
不適切な曲を歌うことは、非常に失礼になりかねません。
そしてスピーチと同様に時間は短いほど喜ばれるのです。

Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です