ガーデニングの基礎知識について

Pocket

ガーデニングとは庭やベランダで草花を植栽したり、柵や石畳で装飾を楽しむものです。

ガーデニング初心者であっても色々な方法で楽しむことができます。

よって、ガーデニングの基礎についてご紹介します。


ガーデニングとは

ガーデニングを楽しんでいる人はとても多いです。

自分が住んでいるところの庭やベランダを草花、樹木を使って素敵にアレンジすることができるのです。

また、草花や樹木を育てるだけではなく柵や石畳などで装飾を楽しむこともでき、とてもやりがいを感じることができるものとなっています。

ガーデニングとは主に、イギリスの家庭で営まれていた庭園作成術であり日本に導入したときにガーデニングという用語が定着しました。

最近では、ガーデニングと一緒に家庭菜園を営む人も多いです。

また、ガーデニング初心者でも基礎を押さえておけば、狭い庭でもアパートのベランダでも十分楽しめることができるのです。

 
 
では、ここからはガーデニングの基礎知識についてご紹介していきます。

ガーデニングを始めるとなると道具が必要になります。

必ず必要なものはスコップです。

次はプランターです。

あとはジョウロや土、肥料となります。

これらを揃えればいつでもガーデニングを始めることができると言えます。

 
 
ガーデニング初心者でしたら、始めから庭を本格的なガーデニングにしようと思う必要はありません。

玄関先の小さな場所から始めてみるのがおすすめです。

最近ではプチガーデニングもひそかなブームとなっており、プランター栽培や植え替えをするだけでガーデニングを始めることができるのです。

よって、初心者は小さなところからガーデニングを楽しんでみてくださいね。

 
 
また、ガーデニングには土が重要となります。

植物は土が命であり、ここをきちんと行わないと植物たちを枯らしてしまう原因を作ってしまうのです。

よって、ガーデニングにどのような土が必要であるかご紹介します。

まずは通気性です。

通気性の良い土は乾きにくい土と言えます。

土が乾きにくいと根の周りにいつも水があると植物が思うため長生きしなくなるのです。

 
 
次に土に大切なのは排水性です。

水を外に出すかどうかが重要となります。

通気性に似ていますが排水性がよすぎてしまうと肥料が流れてしまうことになるため、適度に排水性がある土は根に十分酸素を送ることができて、肥料を保つことができるのです。

あとは保水性なのですが、排水性と逆の意味ですよね。

土粒そのものでなく、土の組織で保たれるのです。

なので、団粒構造が良いと言われています。

 
 
あと土に大切なことは保肥性です。

土には肥料と思っている人は多いですが、せっかくの肥料も水で流れてしまっては意味がありません。

よって、保肥性が悪いと追肥まで肥料がない時期ができてしまい植物にはよくありません。

このようにバランスよく土のことを考えていかないと植物を上手に育てることができないのです。

 
 
とはいえ、土のことを考えているだけでガーデニング初心者は心が折れてしまいそうですよね。

なので、ガーデニング初心者は土をよくすることを考えることよりも、育てやすい花からスタートすればいいのです。

そこから徐々にガーデニングの勉強を初めて土について学んでいけばよいのです。

育てやすい花を上手に育てられるようになったら次のステップに進めばいいのです。

これでガーデニングをいつでも始めることができますね。

Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です