パナスカリの栽培の仕方と特徴について

Pocket

パナスカリを栽培してみたい!と思う人も多いです。

パナスカリは基本的に一年草ですが、さし芽ができるのでとてもお得な花とも言えます。

パナスカリはとても育てやすく初心者にも向いていますので、ガーデニング初心者によいですね。

そこで、パナスカリの栽培の基本とパナスカリの特徴についてご紹介します。


パナスカリの栽培の仕方って?

パナスカリは大輪でとても見ごたえのある花を咲かせてくれます。

そして、育てやすい花としてガーデニング初心者にも人気が高いです。

パナスカリは基本的に一年草ですが、さし芽ができるのでたくさんの花を増やすことができます。

なので、とてもお得な花ともいえますので、まだ試したことがない人は育ててみると楽しいかもしれません。

 
 
では、パナスカリの基本的な育て方などをご紹介していきます。

パナスカリは基本的に乾燥に強いため、直射日光を好みます。

よって、できるだけ長時間直射日光をして風通しの良いところで管理してあげましょう。

パナスカリを栽培するときの注意点としては低温や多湿が苦手のため雨の当たらない軒下またはベランダで梅雨の時期は栽培をしてください。

 
 
パナスカリを植え付けするときは緩効性化成肥料を加えて上げ、植えこんだら鉢から流れるくらい水を挙げましょう。

あとは土の表面が乾いたら午前中に水やりをたっぷりとしてあげます。

水やりのポイントとしては鉢をまず持ち上げてみてください。

鉢が軽いと感じたら水やりの時期なのでたっぷりとあげて大丈夫です。

あとは、草姿が乱れてきてくると思いますので、株元10cmから15cmで切り戻してあげましょう。

 
 
このように、パナスカリは始めの植え込みの時期は基礎に従って植えてあげることができれば、上手に育てることができます。

パナスカリは秋まで楽しむことができ、一年草ですのでその後は花を楽しむことができません。

最終の摘芯はお盆ころまでに済ませてください。

パナスカリの花が楽しめなくなるころには冬がもうそこまで来ていると言えますね。

それまでパナスカリの栽培をたくさん楽しんでください。

パナスカリの特徴について

パナスカリという言葉を聞いたことがありますか?ガーデニングを行っている人であれば聞いたことがある人も多いかもしれませんね。

パナスカリは白やピンク、赤の大きな花がさくものです。

とても育てやすくガーデニング初心者にも向いています。

まだ、パナスカリという植物を知らない人のために、パナスカリの基本についてお伝えます。

 
 
もともとパナスカリは暑い地域で育つ花のため、夏や秋に花が開花します。

一定の温度を保つことができれば長くパナスカリを楽しむことができます。

しかし、注意してほしいこともあります。

パナスカリは暑い地域で育つものですので、水のやりすぎは厳禁です。

基本的に乾燥を好むため、土が乾いてから水やりをしないといけません。

逆を言えば寒さにはとても弱いので温度調節に気をつけてあげることが必要となります。

 
 
ガーデニングをしている人なら感じるかもしれませんが、植物には色々な虫がよってきますよね。

でも、パナスカリは基本的に虫がよってこない植物のため、虫嫌いでガーデニングを楽しみたい人に人気が高いです。

あと、パナスカリを育てるにあたって利点というのはさし芽ができるということなのです。

枝を切ってビニールポットに植えてあげると翌年もパナスカリを育てることができます。

 
 
このように、パナスカリはとても育てやすい植物の上に、さし芽ができるのでとてもお得な植物だと言えます。

育て方の基本を間違えなければ長く花を楽しむことができます。

花は色々な色を咲かせてくれますので、ガーデニングを色鮮やかにすることができるでしょう。

育てやすい花を探している人はぜひパナスカリを始めてみてはいかがですか?きっと育てやすくてパナスカリの魅力にハマるかもしれません。

Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です